注目の投稿

迷惑メールは貧者のサイバーテロか?

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

「最近、ゆうちょ銀行はお客様の口座資金のセキュリティを高めるために、全面的にシステムのバージョンアップを行いました。すぐに口座の更新をお願いします。もしバインディングしているのがトークンの場合、更新する前にトークンを用意してください。トークンをバインディングしていない場合、メールにログインしてください。(以下略)」
 
……こんなメールが届いてました。
 
送り先はは「【ゆうちょ銀行】 <information@jp-bank.japanpost.jp>」ってなってました。@以降がなんとなく本物っぽくて、思わず、メールに記載されたURLにアクセスしそうになりましたぜ(笑)しかし、思いとどまりました。……何で……?
 
そもそも、ゆうちょの口座のオンライン、使ってないじゃん!(爆)
 
で、ちゃんと読んでみると……「バインディング」って何だ?知らないぞ。みんな知ってるのかな?「トークン」って、NYの地下鉄に乗るときに使ってたアレか?(爆)「バインディングしているのがトークンの場合」って、みんなこれで意味がわかるのか?(爆)
で、ぐぐってみました、バインディング(笑)
 
バインディング=XMLなどのデータソースとアプリケーションやウェブページ(ウェブアプリケーション)のユーザインタフェースを静的または動的に結合する技術である……
ま~~ったくわからん。日本語か?これ?
ん?スキー靴をスキー板に付ける道具ともあるぞ???ビンディングか?それならわかるけど……(笑)
 
なんにせよ、この手のメール、日本語が破綻してますわ。まあ、この程度のモノに引っかかりはしないけれど、間違ってクリックしてしまう可能性が全くないわけではない。迷惑メールや詐欺まがいメールには、なんとも腹が立つなぁ
ホント、基本的にはフィルターで弾いてはいるけど、やっぱり、どうやっても今回のようにくぐり抜けてくるヤツがいる。必要なメールに混じった、この手のイランやつを抜き出して削除するだけで、ホント、時間の無駄ですわ
 
出す方は大して手間もかからず、後は機械がやってくれるだけでOK。受信した側が間違ったり、勘違いしたりしてクリックでもしてくれれば、場合によっては相手のPCからデータを抜き取って、クレジットカードも使い放題……
 
世界中で何人がこの「迷惑メール」発信に関わってるのかは知らないが、ホント、まとめてあっち行け!って感じですな。


一般財団法人日本データ通信協会が、2007年に「迷惑メールの経済的影響・調査研究会」を立ち上げて調べたようですが、それによると、①各産業における迷惑メールの処理時間などによる経済的損失はざっと7300億円②対策のためのヘルプサービスなどで319億円③情報システム担当者による対応コストなどで518億円④対策ソフト購入などの費用として132億円……と、これらの項目をざっと計算しただけでも、年間で8269億円の損実なるそうですわ
って、これ、日本だけのお話。世界中だったら、一体、いくらになるんだ?詐欺で稼ぐヤツにも腹は立つけど、ウイルスまき散らすヤツとか、単なる愉快犯とか……。そういう輩の犯行をたちどころに察知し、すぐさま反撃を仕掛ける仕組みとか……出来ないもんかね?テクノロジーは、進化の過程で常に不毛ないたちごっこを産みますなぁ。
 
この鉾はどんな楯であっても貫き通す!そしてこの楯はどんな鉾からも守る!……まさに矛盾だわ(爆)
※写真と本文は関係ありませんよ~


#迷惑メール
#サイバーテロ
#ゆうちょ銀行
#テクノロジー
#経済的損失
【初出:2019年7月29日】
 

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」