注目の投稿

映画「武士の一分」

武士の一分=☆☆☆☆/☆☆☆☆☆

2006年の作品になるんですねぇ。巨匠・山田洋次監督による藤沢周平時代劇三部作のトリ・完結作です。主演はキムタクこと木村拓哉で主人公の三村新之丞を、当時、宝塚歌劇団を退団した壇れいが主人公の妻の加世を演じてます。壇れいはこれが銀幕デビューとなりました

This blog has written in Japanese almost all topics. 
I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga.
So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy. 
Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

ストーリーから映像、俳優たちの演技……非常に完成された、よい作品だと思いますね~。大ヒットして、各種賞も総なめだったようですが、それも納得の作品ではないでしょうか? 

なかでも、やはり、キムタクが非常にいい演技をしています。三部作の中の主人公の中では、一番、自然な庄内弁スピーカーなのではないでしょうかね?まあ、あたしゃ庄内弁ネィティブではないんで、厳密な判断はできませんが……。とにかく、キムタクの演技が素晴らしいですよ。この作品は都合何回か見ましたが、その度に「いい俳優だなぁ」と思いましたね

この作品で思い出すのは、当時だけでなく、いまもそうですが、キムタク主演であることへのいわれなき「バッシング」ですね。その代表的な批判に曰く「キムタクは何を演じてもキムタク」……果たしてそうですかね?店主は、途中からは「三村新之丞」としてしかスクリーンを見てなかったですけどね……わかりにくいか!

それはまあ、こういうことなんですよ

木村拓哉さん=キムタクは、当時、人気アイドルグループのメンバーとして芸能界に君臨して、ドラマだ、バラエティーだ、歌番組だ、CMだ……と、連日連夜、ありとあらゆる媒体に露出していたわけですよ。その「見慣れたキムタク」が、いきなり髷をアタマに載せてスクリーンに登場したからって、いくらなんでも、その瞬間から江戸時代末期の海坂藩士にして毒味役の「三村新之丞」には、だれも見えないでしょうよ

例えば、海外の俳優でその高い演技力で知られるロバート・デ・ニーロにしたって、画面に登場した瞬間からいきなり「若き日のドン・ヴィト・コルレオーネ」や「鹿撃ちのマイケル」には見えないでしょーー。それと同じことですがな。映画の物語が進むにつれて、俳優と登場人物が一体化していき、そこへ見ているこちらが感情移入出来るようになる……これがすぐれた演技者なのでは?と、アタクシは思うわけですわ

そんな意味では、繰り返しになりますが、本作品におけるキムタクの演技は実に素晴らしい、と強調したいですね
 
もちろん、演技などに関しては、アタクシは全くの素人なんで、この見立てが「間違っている!大間違いだ!どこを見てやがるんだ、このトンチキ野郎っ!」とでも言われれば、それはそれで「ごめんなさい」するしかないんですけどね

まあ、要するに、この作品に関していうなら、「キムタクだからダメ」というような偏見を前提とした思考停止は、極めて愚である、ってことですな。この作品で、アタクシが逆に一番、違和感を感じたのはむしろ、徳平役の笹野高史でしたね。いつもなら、当たり前のように背景に溶け込んでしまうかのようであり、それでいて確実な存在感を見せているのが、この作品では、妙なオーバーさ、演技過剰感が残りましたよ

最後におまけですが、三部作の中では、一番、雨が降っているような印象が残りましたね。それと、ツブ貝。好きですが、毒があるんですね~。そういえば知ってました?春の花見のシーズンに、青森市の合浦公園で独り言を言うと、1回につき200円取られるんだそうですよ……

ツブ焼き=200円

……今はもっと高いかなぁ……。伊奈かっぺいさんの鉄板でした。そうそう、梅雨時は食品の衛生管理、特にノロウイルスに気をつけましょうね

#武士の一分
#毒味役
#木村拓哉
#キムタク
#キムタクの演技は下手じゃない
#壇れい
#ロバートデニーロ
#山田洋次
#藤沢周平
#海坂藩
#Loveandhonor

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!