注目の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

Q:無関心ではいられるけど、無関係ではいられないコトってな~んだ?
まぁ、いろいろあるとは思うんですけど……
今回の答えは「政治」です

参院選、終わりましたね。投票に行きましたか?全体の投票率が48.80%だったそうで、これは戦後2番目に低い数字だそうです。

変な話ではありますが、国民の半分以上の人は、消費税が10%に上がることに反対もしてなければ、アメリカからポンコツとされならも1機100億円以上もするF35戦闘機を合計で147機も買っちゃって、機体の取得費用だけで1兆7052億円も使うことにOKってことなんでしょうね。ちなみにこれ、維持運用費は別ですからね(笑)ほいでもって、老後の生活についても、2千万円以上の貯金もあるから、年金生活になっても大丈夫……。少なくとも、これらのことに積極的に反対しようとしなかった人(有権者)が半分以上だった、ってことですわ

Twitterに「選挙のことで彼女と喧嘩までした。『わからないものはわからない』。学校で政治や選挙のことなんて教えてられてないから、選挙に行けとか言われると上から目線に聞こえる、と言われた」という投稿があがり話題になってましたね。

おかしいなぁ……義務教育課程を経た人なら、日本の政治の仕組みや選挙制度について習ってない、ってことはあり得ないんだけど。議院内閣制とかもわからないのかな?地方自治体の首長や議員は選挙で選ばれる、ってのも知らないのかな?働いて給料をもらうと税金が引かれてるけど、どうして税金が取られているのかもわからないのかな?

「政治」って、実は単純に、「生活のこと」なんですよ。まあ、一時期、「生活の党」なんてのもありまして、半ばギャグのようにも解釈されてましたが、ある意味、正解な話です(←政…

映画「新聞記者」

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

新聞記者=☆☆☆☆/☆☆☆☆☆

原案は、菅官房長官、安倍政権の「天敵」(笑)=東京新聞の望月衣塑子記者が書いた同名のベストセラーなんだそうです。
望月記者は、官邸での記者会見で、予定調和ではない質問をバシバシぶつけること……よりも、官房長官側が、望月記者の質問に対し、まったく「きちんと回答しない」ことで有名になりましたね

そもそもが首相官邸での記者会見なんですから、質問するのが記者の仕事だとは思うのですが、どうやらあの世界には、予定調和でない質問をしてはいけない、という暗黙のルールがあるようで、安倍応援団を中心に、望月記者へのバッシングはまあ、酷いもんですね~。あらかじめ用意しておいた質問を記者がして、それに官房長官が用意していた答えを読み上げる……って、それって、学芸会並みの「政治ショー」じゃないの???とアタクシなんぞは思いますが、どうも世の中的には、あまり主流派ではないようですね

ま、アタクシも、you tubeなんかを見てる限りでは、望月記者の質問内容が、毎回、100%、素晴らしいもの……などとは思いませんが、権力を監視するのがジャーナリストの仕事である以上、疑問に思うこと、あるいは、わからないことについて、ましてや記者会見という、本来はオープンである場所での事なのだから、その質問の善し悪しはともかくとしてガンガン質問すべきだと思うし、ネットの掲示板などで書かれてるように、「空気読め」だのなんだの、という議論には組みする必要はない、とは思いますね。同業同社、同業他社が、もっともらしい「そもそも論」を持ち出してきて、彼女の足をひっぱっている姿は、まあ、「みっともない」「御用記者」そのものですわ
さて、映画ですが……微妙に時事ネタが盛り込まれているというか……。見ていると、現実社会での事件などの記憶が自ずとオーバーラップしてきて、終いには、どこまでがフィクションなのかがわからないような、上質で、スリリングな社会派ドラマに仕上がってると思いますよ。

主演は、韓国の若手トップ女優らしいですが、シム・ウンギョンという人と、最近、幅広く意欲作や問題作に挑んでいる日本の若手俳優・松坂桃李のW主演となってます。

シム・ウンギョンは、「父親は日本人、母親は韓国人、育ったのはアメリカ」という若手新聞記者・吉岡エリカを演じています。まあ、そういう設定なので、劇中の吉岡は、これまた微妙に日本語が???な感じで、見ていて「あれ=ちょっと微妙な日本語使いぶり=で突っ込んだ取材が出来んのかね?」とは思いましたが、彼女の持つ、独特の雰囲気……つまり、存在感と演技力ですね……それが、この映画に、劇中の彼女の喋りぶり同様に、何となく「たどだとしい」のだけれども、確実に、ズンっと来るリアリティーを加えているような気がしましたなぁ

一方の松坂桃李は、以前の別の作品(←例えば、太平洋戦争中の青年将校姿など)で見て来ましたが、「本来の性は善人」であるがゆえに巨大組織の中で「そうではないもの」に遭遇し、大いに葛藤をする……という若者を、これまた、虚構と現実のぎりぎりのところで迫真に演じていたのではないか?などとおもいましたね
 
日本でもこういう映画が作れるようになったかぁ……。それが、何となく,手放しで喜んでいる状況ではない、というが実は深刻なのでは? そんなことを考えされられましたね~。狭い画面で見ると、この映画の持つメッセージ性そのものまでも矮小化されてしまような感じがしますので、機会がありましたら、是非、映画館で! 

#新聞記者
#東京新聞望月記者
#松坂桃李
#シムウンギョン
#安倍応援団
#大丈夫かニッポン


コメント

このブログの人気の投稿

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト