投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

注目の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

Q:無関心ではいられるけど、無関係ではいられないコトってな~んだ?
まぁ、いろいろあるとは思うんですけど……
今回の答えは「政治」です

参院選、終わりましたね。投票に行きましたか?全体の投票率が48.80%だったそうで、これは戦後2番目に低い数字だそうです。

変な話ではありますが、国民の半分以上の人は、消費税が10%に上がることに反対もしてなければ、アメリカからポンコツとされならも1機100億円以上もするF35戦闘機を合計で147機も買っちゃって、機体の取得費用だけで1兆7052億円も使うことにOKってことなんでしょうね。ちなみにこれ、維持運用費は別ですからね(笑)ほいでもって、老後の生活についても、2千万円以上の貯金もあるから、年金生活になっても大丈夫……。少なくとも、これらのことに積極的に反対しようとしなかった人(有権者)が半分以上だった、ってことですわ

Twitterに「選挙のことで彼女と喧嘩までした。『わからないものはわからない』。学校で政治や選挙のことなんて教えてられてないから、選挙に行けとか言われると上から目線に聞こえる、と言われた」という投稿があがり話題になってましたね。

おかしいなぁ……義務教育課程を経た人なら、日本の政治の仕組みや選挙制度について習ってない、ってことはあり得ないんだけど。議院内閣制とかもわからないのかな?地方自治体の首長や議員は選挙で選ばれる、ってのも知らないのかな?働いて給料をもらうと税金が引かれてるけど、どうして税金が取られているのかもわからないのかな?

「政治」って、実は単純に、「生活のこと」なんですよ。まあ、一時期、「生活の党」なんてのもありまして、半ばギャグのようにも解釈されてましたが、ある意味、正解な話です(←政…

私家版・蕎麦屋の法則 その弐

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

え~~~ またまた蕎麦の話です

前回も書きましたが、蕎麦ってぇのは、どういうわけか、常に「蘊蓄=うんちく=」との二人三脚が好きな食べ物であります。これが何故か? ちょいちょい。語り出すってぇとキリがないのが蕎麦であります。伊達に近くにある、ってだけのモンじゃないですね
面白いもので、定年間近とか窓際に行かされたおっさんたちは、何故か蕎麦打ちに手をだしたがりますな。不思議と、仕事が恐ろしく順調でイケイケな人ってぇのは、まず「蕎麦打ち」なんぞは始めません。IT系企業のCEOが「精神統一とリラックスのためにボクは蕎麦打ちをやってるです」……なんて話は、まず、聞いたことがありません

「蕎麦打ち」ってのは、とかく不思議なモノで、先行きがなぁ~んとなく怪しくなっている方ほど、なんだかのめり込みたくなるもののようで、人生の「上がり」が近づけば近づくほど、ついつい手を染めちまうようなもんでもあります

そんでもって、このお方たちは、「蕎麦は長~~い」というトコロから、繁栄長寿でもインスパイアされるんでしょうか? 何だかよくわかりませんが、大体の方は、自分でこさえてるだけでは物足りなくなって、だんだん、他人にごちそうしだしたりするもんです

下手の横好きが、どうだ、オレの蕎麦を食ってみろ!……なんてウチはまだよくて、終いには、オレの蕎麦が食えねぇのかーー!なんてね。なんだかもう、落語の「茶の湯」じゃあるまいし、って話ですねぇ、もう
まあ、そんなわけで、蕎麦ってのは不思議なモンで、これが高じてくるってぇと、退職後だの、脱サラしてだのと、「いつかは自分の店を出すんだぞ~~」なんて、勝手に意気込んできます。これがまた、判で押したように!言い出すってんですから、一種の病気なのかもしれませ…

Ramen my love ! ラーメンが食べたいんだ!

イメージ
ああ、ラーメンが……

















ガン回廊は夜明け前?

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

先日、ガンの話を書きましたら、知人の医療系ライターから早速のツッコミが入りました……
「今どきのガンは初期ガンは90%以上治る。死なない」
「検診で見つけて早期発見、早期治療」
「不安な時はセカンドオピニオン」
「いい病院選びが大事」

……だ、そうです。ま、そりゃそうですけどね。しかしながら、先日亡くなった知人も1年半前から違和感はあったけど、地元の病院で「お医者さま」に、「なんでもない」と言われれば、「そうか」と納得してしまうわなぁ。そもそも、そんなに受診する選択肢があるわけでなし
早く見つける……ってのも結構大変なんですわなぁ。亡くなった知人のケースにしても、医者・病院側は結局のところ、1年前の見落としの責任を取るわけでなし……まあ、責任を取る、って言っても、どう取ってくれる? 患者にしてみれば、責任より先にガンを取ってくれ、って話ですわなぁ……
セカンドオピニオン……これまた、行けばいいってものでもないでしょ。医者自体が日々の診療に追われ、きちんと知識や技術をアップデートしてなかったら、何軒ドアを叩いても結果はそうそう変わらないだろうなぁ。そんな「諦め感」はあるんじゃないかなぁ。日頃、病院に行ったところで、何時間も待たされて、5分にも満たない会話して、山ほど薬出されて……。目の前にいる医者を「信頼せいっ!」って言う方が無理なんじゃね?

ましてや「いい病院選び」ったって、そもそも情報が乏しい。そりゃ、週刊誌の広告では見かけるけどね。突っ込んでくるライターもいることだし(笑)しかし、じゃあ、山形にいるアタクシが、評判がいいからって、高松の病院に通えるか?という問題も現実的にはある。物理的にも経済的にも「治療に専念」とは、言うに易く行うに難しだ……。しかも、そ…

fun,cool,and sexy........FINE! so what?

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

小泉進次郎環境相の発言が話題になってますねぇ
言語明瞭・意味不明……と昔懐かし、竹下登さんのキャッチフレーズまで登場しましたねぇ。先日、飛島とを結ぶ定期船の中でお見かけしたから、ってワケじゃありませんが、この程度のことで「総バッシング」しなくてもいいのでは?って気がしますよ

小泉環境相が何て言ったか、ってぇと……

In politics there are so many issues, sometimes boring. On tracking such a big-scale issue like climate change, it's got to be fun, it's got to be cool, it's got to be sexy too.


「sexy」の部分が海外メディアにも引っかかり、ロイターが配信。それがまた、日本に逆輸入のように配信されたことから、「sexy」という部分ばかりが注目され、「sexy」の定義から、「なんでそれ(環境問題)がセクシーなんだ?」といった解釈論、さらには、言葉狩りと揚げ足取りと人格否定とが、三列縦隊となって、ここぞとばかりにネット上をにぎわせていますが、アタクシにしてみれば……

「ソコんトコ、騒ぎ過ぎだぜ、べーべー」

って感じですね
小泉氏にしてみれば、「環境問題に取り組むにしても、(既存政治スタイルではダサいから、若者らが)格好いいね、と思ってくれるようにやろうぜ」と言った程度の話ですよ。翌日の記者対応で……

「それをどういう意味かと説明すること自体がセクシーじゃないよね」

と応えたそうですが、まあ、まさに、野暮ってもんでしょ。質問した記者たちも、いなされても仕方ないね。そこが問題なワケじゃないんだ…

ガン回廊に夜明けは来るのか?

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

「ガン回廊の朝(あした)」は、1979年に刊行された柳田邦男著のノンフィクションです。ガンは国の統計などでは「悪性新生物」と表記されます。ガンって「悪い」「新生物」なんですね
1962年当時、ガンという病気は、そもそもが原因不明で、未知で、一度罹患するれば致死率が高かった。そんな状況下で、国立がんセンターが設立されます。このノンフィクションでは、ガンと闘い、ガンという病気を撲滅することを最大目的に、全国から集まった多くの医師・研究者たちの奮闘ぶりが描かれています。臨床や研究を重ね、早期発見→治療、集団検診、予防……などの現在に続くスタイルが確立されていく、今となっては「歴史書」といってもいい作品です

それにしても、ガンで死ぬ人、最近多いと思いませんか?――わかりやすいところで言うと、芸能人とかタレントとかの「有名人」。なんだか、ガン以外で死んだ人を最近みていないんじゃないか?って感じですよねぇ。特に若い人……。まあ、もちろん、ガン以外の死因もいっぱいありますけどね
日本人の死因におけるガンの割合は、実際に高いです。厚生労働省が2017年の人口動態統計をベースに示した「日本人の死因」(←男女合わせた数字)によると、1位はガンとなってます。見ての通り、数字的にはぶっちぎりです。1981年にトップに立ってからというもの、毎年、「不動」の1位だそうです……
【日本人の死因・2017年】
①悪性新生物(ガン)=27.9%
②心疾患=15.3%
③脳血管疾患=8.2%
④老衰=7.6%
⑤肺炎=7.2%
⑥不慮の事故=3.0%
⑦誤嚥性肺炎=2.7%
⑧腎不全=1.9%
⑨自殺=1.5%
⑨血管性等の認知症=1.5%
⑪その他=23.2%
具体的な死者数でいうと、37万…

枝豆3分40秒、ウケてます

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.
以前にも書きましたが……
今年の夏に習得した「ワザ」に「枝豆を美味しく茹でる」というのがあります。例の「3分40秒」理論です

クックパッドにも掲載しているのですが……レシピを見た人が「やってみましたよ~」というのを送ってくれる=「つくれぽ」というのがあるのですが、この「つくれぽ」が、この度、6件目になりました

なんか、凄くない?
この枝豆レシピ、クックパッドには、今年(2019年)8月5日にUPしました。約1カ月間で、これまでに10250を超えるアクセスがあったようです。で、これまでに届いた「つくれぽ」が6件。アタクシのおっさんなんちゃって料理を参考にしようなんて奇特な方が世の中にはいるようで、しかも、わざわざ、「やってみましたよ~」を送ってくる人がいる……

事実は東スポよりも奇なり

ですなぁ。アタクシにはこれまでに10件の「つくれぽ」が寄せられてますが(←これもオドロキでしたなぁ……。世の中には奇特な方が居る、ってもんですわ……)、そのうちの6件、実に6割がこの枝豆に関してです(←「統計でウソをつく方法」ですな、これは……笑。2人中1番、みたいなものですな)
ま、枝豆を茹でる……季節的なものもあります。全国的に見ても、枝豆が採れるのは、まさに7月~9月中旬ぐらいでしょうから。ほいでもって、枝豆を茹でるぐらいは誰でも出来ますけど、実は、美味しく仕上げるには、それなりのコツがいる……つまり、そこいらに、アタクシのレシピが利用される「ニーズがあった」ってことですね
ビジネスにはなりませんが、こういうちょっとしたことへのヒントであったり、サジェスチョンであったりが、新たなビジネスのチャンスを作り出す、ってわけですねぇ……。なんかそう考えると、面白いもんです(←今回は、…

WDW Animal Kingdom: Expedition Everest & other ride on the roller coaster

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

何年か前、フロリダに遊びに行ってました。フロリダといえば、KSCだのWDWだのとアタクシのココロ騒がせる場所がいっぱいです

Animal Kingdom に行った時、たまさか Expedition Everest で一番前に座ることがあったので、せっかくなら……と動画を撮りました それこそ、プロによる資料映像のように黙っててでも撮れることは撮れるのですが、それでも気味悪かろうと思って声を出してます。改めて聞くとまぁ、五月蠅いですね、このおっさん(爆)動画の最後に写っているのは、たまさか同乗となったどっかのガキんちょですが、「アジア系の怪しげな小太りなおっさん」のはしゃぎっぷりにドン引きされたのか、最初から最後まで、ほとんど無視されてましたね~ そういえば、大阪勤務時代は、年パス買ってこんなことも…… 絶叫系の乗り物、好きだな~。しかし、あんまし年をとると、乗れなくなるんだろうな~。それはそれでなんか悲しいなぁ。あと何回乗れるだろ?命短し……
#WDW #Animal Kingdom #expedition Everest #roller coaster #絶叫マシン

率先炊飯/なんちゃってラタトゥイユを作る

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.
これはナニか?といえば、ラタトゥイユ、です

正式にはニンニクで炒めたり、ワインで煮たりするらしいですが、まあ、標題の通り「なんちゃって」です。ホーローの鍋に、刻んだナスとかピーマンとかを適当に入れて、オリーブオイルを回して、フタをして、極低温で、1~2時間煮込めば出来上がりです

最初のきっかけは、家庭菜園の収穫物の処理でした
山形の上司が、山形に来てからというもの、何故か「家庭菜園」に目覚めまして、野菜を作り出して2年目になります(←どんだけヒマなんだよ!)。アタクシは被害に遭ってませんが、若い部下の何人かは、「オレは出張でいないから、忘れずに、畑行って収穫しとけっ!」とか言われて、仕事の合間とか、休みの日に収穫に行ってるのだとか……

まあ、牧歌的でいいですけどねぇ……。「野菜の収穫をさせられるパワハラ」ってのも珍しいとは思いますが、ところが、この若い衆たち……結構、楽しんで収穫しているようなんです。まあ、割れ鍋に綴じ蓋とでも申しましょうか……

で、どの程度の菜園なのかは知りませんが、大体の作物ってのは「旬」がありまして、採れる時は一気に採れる。ある日、会議のため山形に行ったら、会社の一角に、このナスだのピーマンだの山積みになってて……

「持ってって良し!」

と、妙に上から目線の貼り紙がしてありました。若い衆に聞いたところ……

「いや~~、もう、さすがにいんねっす」

そこで、この野菜、大いに引き取ることにしました。まあ、モノがモノなんで、「夏野菜カレーでも作るかな~、でも、こんな大量じゃ、絶対、飽きるよな~~」と思っていたところ、若くない衆の一人が、「ラタトゥイユ、いいっすよ~。簡単だし」とのこと。で、教わったレシピが……

「切って煮るだけ……」

おおっ!我…