投稿

注目の投稿

Perfume LIVE 2021

イメージ
  Perfumeの2021年ライブです タイトルは「Perfume LIVE 2021 [polygon wave]」で、2021年あったライブが特殊密林で見ることができます 内容は、といいますと…… 2021年8月14日、15日に、神奈川県のぴあアリーナMMであった2日間だけのプレミアム公演「Perfume LIVE 2021 [polygon wave]」の2日目の模様……だそうです。会場のアリーナフロアーすべてをステージとして使用し、背面と床面に巨大なLEDビジョンを設置して行われたパフォーマンスや、今までのワンマンライブではなかったステージ上でPerfume以外の出演者(ELEVENPLAY)とのライブ初共演が話題を呼んだ公演……とな いやーー、Perfume、一体、デビューから何年になるんでしょうか?相変わらず、ヒューマンのようなヒューマノイドのような、アンドロイドのような…… それにしてもこのステージ、映像としてみていますと、相当に練り上げられた構造・構成になっているんですけど、実際にコレをナマで見たら、どんな風に見える、感じるンでしょうかね? 音楽系のライブのビデオや映画でいつも思うことですな 我々の目や脳みそってぇのは、結構、自由に出来てるもんで、一つの光景をみていても、脳内では、勝手にズームアップしたり、視点をパンしたりして、必ずしも目の前にある光景を「そのままに認識、そのままに記憶してる」ってワケではないですよね 結構遠くにあるはずの対象であっても、知識として知っていれば、脳内では、それこそこのライブビデオのような全体構成で記憶しちゃってること、ままあると思います 例えば、今回のこのPerfumeのLiveでいうならは、「あーちゃん」の顔を知っていれば(←ファンなら当然知ってますわなぁ)、例えリアルな眼前では豆粒のような「あーちゃん」であっても、脳内では「あーちゃん」がそれなりのサイズ感で、歌ったり話したりしていることでしょう 脳内はナンとも便利で都合がよろしおますな~ 一方でこのLive映像は、様々な編集がなされて、一つの映像になってます。これはこれで、実際にステージを見た人にしてみれば、ほぼほぼ「別物」でしょうね。さすがにどんなに目が良くて、脳内変換が素晴らしかったとしても、さすがにバックダンサーの表情までは記憶してないでしょうから そうい

映画「サムライせんせい」

イメージ
サムライせんせい ☆☆☆/☆☆☆☆☆  幕末の志士にして「土佐勤王党」の首魁だった武市半平太(市原隼人)が、現代にタイムスリップしてしまい……と、まあ、逆のバージョンだと、マンガでありドラマでも人気を博した「仁~JIN~」なんぞが有名ですが、パターンとしては、極めて使い古された手口です 本作品も、原作はマンガのようですね。テレビドラマ化もされていたようです。テレビ観ないので知りませんでしたが(笑)    さて……何かと使い回される「タイムスリップ」ですが、これが「過去に戻る」パターンなら話は比較的簡単でしょうね。なんせ、これから起こりうる「未来を知っている予言者」たり得ますから。例えば現代人が、それこそ「戦国自衛隊」のように戦国時代にタイムスリップしちゃったとしたら、まあ、未来からの知見で、それはそれは、それなりに立ち舞えるでしょう、たぶん  しかし、未来に来てしまっては、これは問題ありありでしょう。いろいろな意味で「浦島太郎」です。江戸時代の人にいきなり「車を運転せい」だの「スマホでちょっとググって」なんてことは頼めません。相当戸惑うでしょうね、これは  で、タイムスリップが「必ずしも過去にだけ向かう」というのではないのだとして……本作品がまさにソレですね……で、スリップ先が、過去か?未来か? どっちがせつないか、と言ったら、アタクシは「未来」に来てしまったほうが切ないでしょうと思いますなぁ つーのは、過去にもどってしまったのなら、そういうわけで、とりあえず、これから起こるであろう各種イベント事の想像はつくわけだし、場合によっては、そのイベント……例えば「明治維新」についても、ある程度の知識があれば、積極的関与でも、消極的回避でも可能なわけです  ところが、これが「未来」に行ったとなると、「知識の連続性」が失われてしまいますね。つまり、自分の知識や経験は、その「未来」で役に立つのか?、そもそも使えるのか?って事です 例えば、本作品のような幕末の志士たちにとっては「帯刀しいざとなったら抜刀する」は当たり前のことですが、現代においては、そもそも帯刀なんぞしているだけで、いきなり、「ちょっと、そこキミ……」とスピーカーで呼び止められて、3~4台のPC=パトカーで周囲を封鎖され、拳銃を構えた10人近い警察官にいつでも発報できるような状態のまま包囲される……こと、間違いナシ

映画「トップガン」/Top Gun

イメージ
トップガン ☆☆☆☆/☆☆☆☆☆ 1986年に大ヒットしたアメリカ映画ですね。トム・クルーズの出世作でもありますが、いまごろになって続編が作られ、近々公開されるハズ……って、何故か延び延びになってますが……とりあえずそんな状況なので、改めて見直してみました はい、もう、単純に面白いです。話は陳腐で、人物の描き方も、まあ、ありきたりで薄っぺらですが、まあ、単純な話なだけに面白く、楽しめます。それにしてもトム(←っても別に知り合いじゃないですけどね……)が若い!!ホント、「あんちゃん」ですね 新作(続編)でのトムはこんな感じ↓見事におっさんです。もちろん、「おっさん」と言っても、そんじょそこいらの「おっさん」ズとは違いまして、まあ、そりゃ、トムですから、相当に格好いいですけど(笑)別に知り合いじゃないですけどね…… いや~、早く、でっかいスクリーンで大音響で見たいですね~ で、改めて1986年版の「トップガン」ですが…… この頃も、いまも、中東は「きな臭い」ですね。なんで「きな臭い」か、その原因の分析などはまあ、さておいて(爆)この映画から35年が過ぎた今でも、相変わらすアメリカ軍と、そうではない中東の地元勢力とは、今日でも大なり小なりの対立……武装した状態での「にらみ合い」を続けていますね ただまあ、現在では、この「トップガン」当時のように、航空戦力を使って角突き合わせるような「敵」はほとんどいないですね 航空戦力……つまりは戦闘機ですね。完全武装の戦闘機同士が、大空で牽制しあう……現代ではかなり「出番の減った」光景ですが、映画が公開された当時は、世界中の各地で日常茶飯事……とは言わないまでも、時々起きていた話です 念のためですが、映画の粗筋はこんな感じです 米海軍のF-14戦闘機パイロット(海軍なのでエイビエータ-か)、ピート・”マーヴェリック”・ミッチェル大尉(トム・クルーズ)は、天性で飛ぶパイロット。その無謀・無法な様は、あっちこっちで問題を起こしてましたが……、No.1だったエイビエーターチームの脱落により、後席のレーダー要員、”グース”(アンソニー・エドワーズ)と一緒に、海軍のエリート中のエリートが入学する航空戦訓練学校・通称「トップガン」への転属を命じられます トップガンは、空対空ミサイルなどの進化で、ともすれば忘れられていた戦闘機同士による空中での格闘戦

徒然なるまんまみ~あ……きみ、違うから

イメージ
え~~、毎度のお運びで…… 最近、寒い日が続いてますねぇ~ 日本海側を中心に大雪だとか まぁ、冬ってのは寒いモンなんで、そんな時期なんですがね それにしても毎日毎日、寒くて寒くて ホント、ヤになってきてますね 肩口とかの寒さが気になってもう眠れませんよ 困ったモンです って、肩口の寒さもなんですが 寒いてぇと、そもそも朝起きるのが、億劫になってきませんか? え?何言ってやがる? 起きるのはいつだって億劫じゃねぇのか?って? いやいやいやいや…… 朝は確かに、毎日、億劫なもんです 洋の東西を問わず まあ、朝ってのは、そういうもんなんですがね 朝、何が億劫か、って、そりゃあなた 仕事に行かなきゃならんからです 仕事にいかなきゃならない! そうでしょ? そもそも論で恐縮ですが…… そりゃあ、仕事行かなくて済むんだったら だれも仕事なんざぁしたくないですね あたしゃ、1日寝ていていい、なぁんて言われたら 本当に一日中寝てます 聖書にも書いてあるでしょ? 「誰にも迷惑をかけたくないのなら寝てろ」って ま、あたしゃキリスト教徒じゃないんで、聖書読んだことはないんで ホントんトコは知らないんですけどね そういえば実は若い頃 挑戦してみたことがあるんです 一日中寝てる、ってヤツに まあ、挑戦、なんて気の利いたモンじゃあござんせん 一日中寝てるだけですから、別に病気でもないのに まあ、単に、「自堕落」ってヤツでしてね、実は ところが、それこそね 思ったんですよ 「人間ってぇのは、一体、どれだけ寝ていられるのだろう??」 なぁ~んてね そいでもって、最もらしく 実験なんぞしてみようと思ったわけですよ まぁ、実に馬鹿な話ですねぇ、ナンともまあ それはそうとして…… 「起きてる」のと「寝てる」のがあったら、あたしゃ そりゃ「寝てる」方を選びますね だって、起きてるってぇと、何かとカネかかりますから 今どき、空気も水もタダじゃないですよ だいたいみんな、月2~3千円払ってんじゃないですか? 水道代として とにかくまあ、起きてる、よりは、寝てる、です なんせ…… これが寝てるだけなら、まあ、カネはかかりません 何か飲んだり食ったりもしなければ テレビもネットも……まあ、若い頃、ネットなんざぁありませんでしたがね 学生ン時なんざ、そもそも自前のテレビ、持ってませんでしたね テレビのない生活! 実

映画「ハドソン川の奇跡」/Sully

イメージ
ハドソン川の奇跡 ☆☆☆☆/☆☆☆☆☆ 2009年1月15日午後3時半ごろに、アメリカはニューヨーク・マンハッタンを流れるハドソン川に、USエアウェイズ(現アメリカン航空)という民間航空会社の旅客機1549便が不時着水する事故がありました 1月!NYは緯度でいうと北緯40度42分。日本で言うと青森市の40度49分並みなので、冬はかなり寒いです! さて、この1549便は、ニューヨークにあるラガーディア空港からシャーロット・ダグラス国際空港を経て、シカゴのタコマ国際空港行き。機体は、エアバスのA320-214型で、当時は乗員・乗客155人が乗ってました。 しかし…… ラガーディア空港を離陸して5分後、バードストライクに遭遇!両エンジンが停止するという重大トラブルに見舞われます。バードストライクとは、鳥が飛行機とぶつかることで、エンジンに飛び込まれたりすると、エンジンが爆発したりします。エアバスA320型には2発のエンジンがあります。なかなか両方のエンジンがバードストライクに見舞われる可能性というのは、確率論的にも滅多にないことなんですが……この1549便では不幸にして発生してしまいます しかし、事故機を操縦していた元米空軍パイロットのチェズレイ・”Sully"・サレンバーガー機長は、冷静に、機体をハドソン川に不時着水させることを決断。機体は壊れることなく川に着水、155人の乗客・乗員全員には1人の犠牲者も出さずに全員が救助されました この事件は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、この映画はその実話を元に、クリント・イーストウッドが、トム・ハンクス主演で製作・監督したものです。ちなみに、原題の”Sully"=サリー=とは、サレンバーガー機長のニックネームです トム・ハンクス……相変わらずいいですね。どこにでも居そうなオッサンを演じさせたら最強なんではないでしょうか。しかしながら、当然のように、その、どこにでも居そうなオッサンは、「ハドソン川の奇跡」で一躍ヒーローとなります。その一方で事故調査委員会は、シミュレーターでの検証結果を元に、「事故機はハドソン川に降りなくても、無事にラガーディアを含む最寄りの飛行場に着陸できた」として、サリーがさながら自己顕示欲から危険な賭けをしたのでは……と追及します ネタバレで恐縮ですが、何かがあった「後」から、あったことをなぞ

映画「半次郎」

イメージ
半次郎 ☆/☆☆☆☆☆  半次郎(はんじろう……たんじろう、じゃないよ)、と言えば、「人斬り半次郎」。すなわち、薩摩の中村半次郎……後の陸軍少将・桐野利秋のことですね  幕末の「人斬り」5傑=薩摩の「人斬り半次郎」こと中村半次郎、同じく薩摩の「人斬り新兵衛」こと田中新兵衛、土佐の「人斬り以蔵」こと岡田以蔵、肥後の「人斬り彦斎」こと河上彦斎(げんさい)、長州系志士で「人斬り抜刀斎」と呼ばれた緋村剣心(緋村抜刀斎)=のウチの1人ですね(※)  この映画は、薩摩の貧乏武士の家に生まれた半次郎が、剣の腕をもって、西郷隆盛の護衛兼暗殺部隊となって幕末を駆け抜け、明治維新後は、西郷と一緒に反乱を起こし、遂には戦死する……そんな物語です。公開は2010年10月。主役の中村半次郎は、この映画の企画を13年かけて実現させたという榎本孝明です  歴史の大きな流れから見れば、中村半次郎は、脇役ですね。西郷隆盛が居たから、その取り巻きであった中村半次郎も記録に残り、かつ、戊辰で死ななかったから、明治に入ってもその名を残した……。しかしながら、やはり、歴史上の「主役」クラスに比べると、記録もエピソードもそんなには、ない。よくぞ主役に抜擢しました、ってな感じです  少ないエピソードを飾り立てるもんだから、どうしても、話はぶわぶわになり、キャラクターの描き方も一辺倒になってしまう……まあ、仕方のないことだと思います  人の人生は、たとえどんな人でも、確かに、その人なりにドラマチックです。しかしながら、それを小説なり映画なりで描こうとすると、余程の取材力と筆力、表現力が必要です。ドラマを表現するのは、とかく難しい。果たしてこん映画はどぎゃんじゃったと?  歴史の脇役……を主人公にしてドラマを仕立てる、というのは、アタクシの記憶するところでは、2009年のNHK大河ドラマ「天地人」で、上杉景勝の家老・直江兼続が登場してからではないか、と思いますな。まぁ、マンガでは、この直江兼続の「盟友」であるところの「前田慶次」なんぞも主人公として登場していますが……前田慶次は、実在はしていたようですが、今日、ドラマやマンガで出てくるのは、ほとんと「架空状態」の人物ですので……(笑)  いずれ制作する方はナンともチャレンジですね。少ない史実に膨大な空想を加え、それなりに整合性が取れるようにキャラクターを配置し、動か

映画「のぼうの城」

イメージ
のぼうの城 ☆☆☆/☆☆☆☆☆ 2012年の日本映画です。原作は和田竜で、主演は野村萬斎ですね。史実をベースにした映画です 時は戦国時代末期、そう、豊臣秀吉が天下を統一しようとしていた、そんな時期です。秀吉は関東の雄であった北条氏を屈服させようと、その居城である小田原城を攻略しようとしてました。一方の北条氏はその支配下にあった関東各地の武将に小田原への集結を命令し、小田原籠城で対抗しようとします…… まあ、そもそも、この「籠城」って作戦は、外からの援軍がなければ、単なる「根比べ」戦法なので、余程、城内に蓄えがあり、包囲している敵と戦いつつ、消耗を心配することなく数年は戦えるような状況でないと、どうにもならないモンなんですがね…… ま、それはさておいて そんな北条攻め・関東平定の一環として、秀吉は子飼いである武将・石田三成に手柄を立てさせようと、「武州・忍城を攻め落とせ」と命令します。ご存じのように石田三成はどちらかといえば文官で戦下手。秀吉にしてみれば、それまでの「調略」で北条麾下の武将をことごとく寝返らせており、大局的には勝敗は決しているようなものなので、「ちょっちょっと闘って武功を上げてこい」ぐらいのノリだったのでしょう で、この武州・忍城とは、室町時代中期からこの地を治めている地元の豪族・成田氏が築城した城です。場所は、現在の埼玉県行田市本丸という番地になります。 北に利根川、南に荒川が流れており、この川と周辺の湿地帯をうまく利用した天然の要害でした。この秀吉の小田原攻め以前にも幾度となく城攻めに遭いましたが、ことごとくこれを除け、戦国時代の関東七名城にも数えられた城だそうです。 へ~~。って、残りの六つはどこ? 当然、気になりますますよねぇ……。wikiで調べました(笑) 川越城(河越城とも)=埼玉県川越市、忍城=同県行田市、前橋城(厩橋城とも)=群馬県前橋市、金山城=同県太田市、唐沢山城=栃木県佐野市、宇都宮城=同宇都宮市、多気城=茨城県つくば市(あるいは、太田城=同県常陸太田市)、だそうです。まあ、まさに誰が言ったか知らないが……の世界ですね。少なくとも、いずれの城も、大河ドラマに出てくるような合戦があったとは聞いたことないし……あ、宇都宮城は、戊辰戦争で出てきたか。まあ、それはさておき…… 本編はおそらく、その忍城の最後の闘いであろう物語です。というの