投稿

2021の投稿を表示しています

注目の投稿

徒然なるまんまみ~あ……自分ファーストの果て

イメージ
徒然なるまんまみーあでその日暮らし、ふぐりを向こうにココロにうつりゆくロクでもないことを、底浅く書き綴れば、あやしうヤツこそ、もの欲しグルメ。いにしへ人に曰く、事実は東スポよりも奇なり。人生は糾えるチョコレートボックスの如し、と…… 突然ですが……図々しいヤツ、っていますよね。今風に言うなら「自分ファースト」です。典型的なのは某国の大統領を最近までやっていた「とっても変わった髪形をした人」ですけどね。まあ、あの見栄っ張りなおじいさん同様に、「自分ファースト」な人たちは、優先するのはすべて自分のコトばかり。ホント、聞いてて嫌になっちゃいますね…… This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  Spoiler Alert!  しかしながらこの手の輩というのは、妙に自分の行為を正当化する弁舌に長けていたりするんですな。なので、なんやかんやと、最終的には周囲を煙に巻いて問題をうやむやにしてします。大したモンですわ。自分の利益のためなら 、他人がどんなに大切にしているような場所であっても断りもなく、土足(どそく)でズカズカと、奥の奥まで入り込んでくる……。 遠慮?……何ソレ?知らねー。配慮……?美味いのか、それ?……ホント、思慮とか考慮とかの欠片もない人たち……。あなたの周りにもいるでしょ?そういう人。増殖してんですよねぇ、最近。そのくせ、なにが面倒かって、この方々、だいたいが「自分は他人に対して親切だ」とか「自分は周囲や相手に対して、大変、気を遣ってる」などと錯覚してるんです はっきり言ってソレって「妄想」に限りなく近いですから。自覚してくださいよ、もう。いろんなとこで、何度も言ってますけど……「 モウソウは竹だけにしてくれっ!」。タケノコなら煮ても焼いてもおいしゅうございますが、アタマの中のソレじゃあ、テレパ

映画「南極料理人」

イメージ
南極料理人 ☆☆☆☆/☆☆☆☆☆ 南極観測隊の一員として南極に行った海上保安官の実体験をベースにした物語なようです。主人公は海保の巡視船の料理人なんでしょうね。先輩で南極観測隊になることを夢見ていて、観測隊員に内定したにもかかわらず、交通事故に遭い、その代役として南極送りになる……という、ラッキーなのかアンラッキーなのか、よくわからない主人公「西村くん」を堺雅人が演じています 本人の希望とは全く関係なく南極に送られた上に、「ドームふじ基地」という、ペンギンだのアザラシだのがいる沿岸部の「昭和基地」から1000キロも内陸で、しかも標高が3810メートルという富士山山頂よりも高い……つまり、空気が薄くて、平均気温がマイナス54度。寒すぎてウイルスも生きられないから風邪もひかない……そんな場所に、野郎だけ8人で数カ月にわたって滞在し、さまざまな科学研究をする……まあ、「西村くん」は料理人なので仕事はご飯を作ることですが ドーム基地では「氷床深層採掘」というのが行われてます。何をするかというと……、ドーム基地のあたりは南極大陸の地面に氷が3000メートル以上積もっている場所なのです。元々は南極大陸の地面があったわけですが、そこに何百万年もかけて氷が層を作っていって、現在の3000メートル級の「山」になっているわけですよ。そこで、そこから氷柱(コア)を切り出せば、氷の層に残された大気の塵などから、過去100万年ほどの地球の気候変動などがわかる……のではないか、というわけです ナンとも人手もカネもかかる研究で、それがナンの役に立つのかすぐには解らないようなモノですが、さすが日本人だね~~。黙々とやってるんですな、これが。科研費(科学研究費)というと、例の蓮舫の「一番でなきゃダメなんですか?」も含め、何かと「目に見えるような結果」ばかりすぐに要求されますが、そもそも、こんな具合に、地味ぃ~~~~~な作業を繰り返して、繰り返して、繰り返して……。その先の先の先の方にやっとこさノーベル賞とかそういうものが、な~んとなく付いてくるってわけですよ。しかもやる以上はすべて「一番」でないと話にならない!観測隊のみなさん、本当にご苦労様です それにしても…… どこでもそうですが、人間、極限状態になると……でも、その中でも、多少の自由があって、しかもそれが「コト食べることに関しては」だったりとす

映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」/ Forrest Gump

イメージ
フォレスト・ガンプ ☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆ かの有名な名作を、何回目かの鑑賞です。1994年にアメリカで公開され、日本での公開は翌年の1995年だそうです。公開当時、映画館で見ましたね~。2回ぐらい行った記憶が(笑)その後、DVDを買ったと思ったのだけと見当たらないから、もしかすると買ったのはレーザーディスクだったのかもしれない。アメリカで買ったような記憶もあるような、ないような……レーザーディスクは全部実家だから、確認のしようもないけれど さて、本編ですが…… 何度観てもいいですね~。念のため、見ていない人のために、ざらっと粗筋おば アメリカの南部・アラバマ州のグリーンボウに生まれたフォレスト・ガンプ(トム・ハンクス=大人になってから)は、ちょっとアタマが弱くて、子どもの頃は、骨がゆがんでいただかで、脚に装具をつけなければならないような子どもだった。しかし、シングルマザーの母親(サリー・フィールド)は、普通の子どもと同じように育てようとフォレストを公立小学校に入れる。スクールバスで、フォレストは、生涯の恋人となるジェニー(ロビン・ライト=大人になってから)と出会う。小学校で、フォレストは、その知能と脚の装具などからいじめに遭うが、ジェニーの「RUN! Forrest!」の声に押され走り出す! 走り出したフォレストは、いじめる連中を振り切り、車も振り切り、フットボールの選手も振り切り、フットボール選手となりアラバマ大学に進学。黒人入学問題で揺れるキャンパスでも走り続け、ケネディ大統領に面会したり、卒業後は軍隊に入り、ベトナムに派兵され、仲間を救うために走ったりする。戦傷治療中にピンポンを覚え、米中国交樹立に向けたピンポン外交に参加したり、退役後は、エビを捕る「ババ・ガンプ・シュリンプ」を設立し、最終的に成功したり、最愛のジェニーと再会したり、ランニングブームを巻き起こしたり…… アメリカ合衆国が1950年代から1990年代までに経験した、公民権運動やベトナム戦争、ベトナム反戦運動、人種差別問題、JFKらの暗殺、ピッピ-、ウオーターゲート事件、アップル社、ドラッグ、セックス、エイズ……といった政治・社会・文化のさまざまな歴史的事案に、フォレスト・ガンプは同時代人として、挙動は不審ながらも、何故かいつもしっかりと映り込んでいきます。歴代大統領と会見したり、ジョン・レノン

徒然なるまんまみ~あ……微妙なあれこれ

イメージ
徒然なるまんまみーあでその日暮らし、ふぐりを向こうにココロにうつりゆくロクでもないことを、底浅く書き綴れば、あやしうヤツこそ、もの欲しグルメ。いにしへ人に曰く、事実は東スポよりも奇なり。人生は糾えるチョコレートボックスの如し、と…… 人間、生きているといろんなものに出くわします。「すげ~~~っ!」と驚いたり、「きれいだな~~~っ!」と感動したり……。しかしながら、たま~~に、「これは一体、なんなのだろう??」と思うコトガラにもブチ当たったりします 例えば、街中で見かけたこのラッピングバス↑。派手な色の広告となっております。「すべてコミコミ1万円」だそうです。で、何か「コミコミ1万円」か?というと……「新車の4WDの軽自動車」に乗れちゃうんだそうです……。金銭感覚が違う、と言えばソレまでかも知れませんが…… 何故に「新車」の「4WD」の「軽自動車」???? 最初に思いついたのは、スズキのジムニーですかね?まあ、他のメーカー各社もいろいろ出してるけど……「新車の4WDの軽自動車」のニーズって、一体どれぐらいあるんでしょうねぇ?ほいでもって、こういうプランへのニーズってのは、どの程度あるんでしょう? 実に気になります。まあ、別段、調べようとは思ってませんけどね…… 続きましてはこちらの↑道具。名前知ってますか?まあ、書いてありますけどね。 これは「み」というものです。漢字で書くと「箕」となります。Wikiなどによると、「コメなどの穀物の選別をする際に使うバスケット型の道具で、殻や塵を取り除く」とあります。この「てみ(手箕)」は、機械式の用具と区別するために、「手」が付けられたそうです。確かに、アタクシが今から35年ほど前に、某土木類似作業現場で教えてもらったときには単純に「み」と言ってましたからね お次は、某所にあるビアバーのフィッシュ・アンド・チップス(fish-and-chips)です。ご存じ、イギリスを代表する料理で、パブなどでの定番ですね。タラなどの白身魚のフライに、棒状のフライドポテトを添えたものです。イギリスでは、ファストフードに分類されるそうですが、その扱いは「国民食」だそうです。ちょうど、日本におけるカレーが、家庭やお店ごとにそれぞれの御流儀やらお作法があるの同じように、一口に「フィッシュ・アンド・チップス」と言っても、提供される場所の数だけ「味」があるそ

映画「新解釈・三國志」

イメージ
新解釈・三國志 ☆☆☆/☆☆☆☆☆ 「ゴールデンウイーク(GW)」という言葉が、実は映画業界のプロモーションから生まれた、というのは、このブログの読者のみなさんにとっては、今さらの説明はまったくいらないことでしょうね。映画が娯楽の王様だったころ、5月の連休ってのは……昭和の時代ですから、4月29日が天皇誕生日、5月3日が憲法記念日、5月5日がこどもの日、と祝日が珍しくまとまってあって、これに土日がうまく挟まったりすると、思わぬ連休が組み上がる……というわけだったのですな This blog has written in Japanese almost all topics.  I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy.  Thank you for your coming.  Spoiler Alert! まあ、そんな時代がありました。時代は昭和から平成、令和と来ても、昭和天皇の誕生日だった4月29日は平成になって休日のままになりましたね。最初は「みどりの日」とか言ってましたね。昭和天皇がお隠れになった1989年から2006年まではそないに言ってました 確か、昭和天皇が植物学者だったことや、来たる5月が新緑の季節で、この時期は自然に親しもう……などいうもっともらしい理由がつけられていましたが、まあ、天皇の代替わりはともかくとして、この4月29日が祝日でなくなってしまうと、それこそゴールデンウイークは成立しませんので、何はともあれ、この日が休みであることが続いて良かったですね 2005年(平成17年)に祝日法が改正され、2007年から4月29日は「昭和の日」と改められ、引き続き祝日になりました。趣旨としては「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」だそうですが、まあ、復古主義者たちが、「昭和」という名前をその後も国民のココロに刻み続けたかったのでしょう じ

徒然なるまんまみ~あ……「二番目が電話」だった時は過ぎ

イメージ
徒然なるまんまみーあでその日暮らし、ふぐりを向こうにココロにうつりゆくロクでもないことを、底浅く書き綴れば、あやしうヤツこそ、もの欲しグルメ。いにしへ人に曰く、事実は東スポよりも奇なり。人生は糾えるチョコレートボックスの如し、と…… いま、我々はネット社会・SNSの時代に生きていますね SNSとはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、まあ、ネットを通じて人間関係を構築できるサービスのことです。mixiやらFaceBookやら、InstagramとかTwitterもそうですね。現代ではみんな、人は大なり小なり、ナンかしらのSNSを通じて繫がっています(もちろん、全くの例外の人もいますけどね) This blog has written in Japanese almost all topics.  I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy.  Thank you for your coming.  Spoiler Alert! 人と人が繫がる手段としては、SNSだけでなく、LINEやらmessengerやらzoomやらのツールもあります。人が人と繫がる手段は、如何様にでもある、ってことですね……まあ、現代人にとっては。電源があって、電波が届いてさえいれば、相手との連絡はナンとでもなる、ってワケですよ、ホント しかしながら、ちょとばかし前、ほんの20年……いや、30年、35年かな?……確実に言えるのは、つい40年ぐらい前までは、誰かと連絡を取るとしたら、その方法はかなり限定的でした。例えば……  電話・電報・手紙・駅の掲示板・新聞の尋ね人広告…… この程度でした。もちろん、当然ですが「直接、会いに行く」というのもありましたが……まあ、手段・方法はそんなもんだったんじゃないでしょうか? そういえば

映画「居眠り磐音」

イメージ
居眠り磐音 ☆☆/☆☆☆☆☆ 佐伯泰英作の同名の時代小説の映画化です。この「居眠り磐音」、坂崎磐音といえば、アタクシにとってはNHKで2007年から2017年まで、足掛け10年続いた「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」の方が馴染みもあり、今回も、どうしても比較してしまいましたね NHKドラマ版の坂崎磐音は、ご存じ山本耕史が演じています。「山本耕史と言えば坂崎磐音、坂崎磐音といえば山本耕史」と言ってもいいぐらい、この「居眠り磐音」は、山本耕史を代表する役・作品の一つではないか、と思うワケです This blog has written in Japanese almost all topics.  I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga.  So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy.  Thank you for your coming.  Spoiler Alert! 山本磐音は赤い襦袢に黒の着流し……今回の終始袴姿の松坂磐音よりも、遥かに艶っぽいというか、脂ぎってるというか……いや、逆か(笑)松坂磐音が、若者らしい爽やかさで脂分が少ない淡泊な感じとでも言った方がいいのかもしれませんね いずれ、アタクシにとっては、坂崎磐音=山本耕史で10年近く見慣れてきたものだっただけに、今回の坂崎磐音=松坂桃李には、期待と不安がいっぱいでしたね 結論を言いますと……松坂桃李はいいっ!松坂磐音、なかなかです。殺陣がちょっと弱っちい感じがしますが、はつらつとした感じが実によかった しかしながら、他のキャストは,すべてにおいて、明らかにドラマ版の方が上でしたね まず、もっと大事なキャラであるとことの「今津屋」奥向き女中頭の「おこん」。おこんさんは、NHKドラマの山本磐音版では中越典子が演じてました。映画の松坂磐音版では木村文乃でした。木村おこんの方が確かに「庶民っぽい」感じはするんですが、中越おこんの方が江戸下町育ちの威勢を気っぷが良くて、鳶(ド

映画「記憶にごぜいません!」

イメージ
記憶にございません! ☆/☆☆☆☆☆ 2019年の映画です。暴言やら自己中やらで支持率最低の首相・黒田啓介(中井貴一)が、聴衆から投げられた石がアタマを直撃したことで記憶を失い、それを取り繕おうと秘書官の井坂(ディーン・フジオカ)、事務秘書官の番場のぞみ(小池栄子)らがドタバタを繰り広げて、そこに「影の総理」でもある内閣官房長官の鶴丸大悟(草刈正雄)、政治ゴロライターの古郡祐(佐藤浩市)らが絡み合って…… This blog has written in Japanese almost all topics.  I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy.  Thank you for your coming.  Spoiler Alert! あらすじだけ見るとすげーー面白そうで、予告編観てもかなり面白そうだったし、なによりも監督・脚本は三谷幸喜だし、出ている連中も全員が芸達者だし、これは間違いなく面白いっ!!…… と思っていたらば、見事に外れました。もしかすると、三谷幸喜は監督はやらない方がいいんじゃないかなぁ……そんな確信すら感じた作品でしたね 一人一人、パーツパーツで見るといちいち面白いし、無数に張り巡らされた伏線と、「これは何か意味があんのか?」と思えるようなブラフなシーンが入り交じり、その役者その役者が、それぞれ持つ「イメージ」を生かしたギャグ満載の演出と、その先が見えない意表を突くストーリー……普通なら見終わった後に、大きな満足感と、画面に全集中し入れ込んでいたことによる心地良い疲労感につつまれ、ビールでも飲みながら、だれかと見終わったばかりの映画について四方山話がしたくなる……そんな作品であるはずなのに、だのにだのに、よもやよもやだ…… 全体としてみると、ちっとも面白くないっ! そういった意味では、妙な既視感のある「面白くなさ」でした(爆) 三谷幸喜監督・脚本作品が全部面白

酒田のラーメン/麺屋酒田で「船麺」

イメージ
酒田港……というか、酒田の魚市場の近くにあるラーメン屋「麺屋酒田」で 「船麺(ふなめん)」=600円をいただきました こちらは朝ラーやってます 朝っぱらから飛ばしたい人向けですね(笑) メニューは結構、いろいろありましたが 駐車場は近くにはない店のようです (なんか告知貼り紙がしてあったような気もするが……) 「船麺」は、いわゆる「まぜソバ」の類いです なんかいろいろ載ってますが そいつをぐるぐるとかき混ぜます 最大の特徴は 縮れた稲庭うどんか?というような麺です 味もなかなかに独自と申しましょうか…… これは好みが分かれるところでしょう 完食すれば↓ 「ど」と「の」がポイントですね たまにはガチ 以外での朝ラーもいいかもしれません #朝ラー #酒田のラーメン #麺屋酒田 #船麺 #月輪 #どんぶりにメッセージが #くちびるに歌を #早起き #替え玉 #ラーメン #ラーメン大好き #ラーメン屋 #中華そば  

アニメ「GATE ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」が面白いっ!

イメージ
このアニメ「 GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」は、思えばアタクシが「異世界モノ」と最初に接した作品かもしれません。「異世界モノ」と「自衛隊」という、非常にビビットな組み合わせで、話の内容というか、話の中での力関係は極めて一方的ではあるのですが、なかなかに面白かったです。ハマりましたわ 本作品は自衛隊が「過去世界」にタイムスリップしちゃう(←角川映画でお馴染みの「戦国自衛隊」がそうですね)というような話ではなく、東京・銀座のど真ん中に、いきなり、こっちの世界と異世界とを結んでる門(GATE、ゲート)が出現してしまう、という話です。異世界モノの定番は、「死んで異世界に転生する」ですから、異世界とこちらの世界が「現在」で結ばれてしまう、というのは、実は結構、新鮮でしたね This blog has written in Japanese almost all topics.  I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy.  Thank you for your coming.  Spoiler Alert! で、その門(GATE)から、飛竜に乗った異世界の戦士やらオーク(容姿が豚に似た凶暴な人型の怪物…諸説あり)やら、トロール(こん棒を武器として暴れる巨人タイプの怪物…諸説あり)やら、ゴブリン(獰猛で邪悪な小鬼…諸説あり)やらが、現代日本社会に攻め入ってくるのですな で、運悪く銀座に居た一般市民たちは、そんな異世界人たちに片っ端から蹂躙されます。二つの文明が出会う時というのは、だいたい武力衝突になりますね。なかなか平和裏に「ハロー」ってな具合にはいかないものです 侵攻してきた異世界人たちには、こちらの世界と同様なヒューマノイドだけでなく、こちらの世界から見ると化け物的な……つまり、人間よりも遥かに身体能力が高そうなモンスターや獣人な人種も含まれてはいます 彼らが所持する武器は、木製の

映画「きっと、うまくいく」/ 3 Idiots

イメージ
  きっと、うまくいく ☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆ 2009年のインド映画です。2010年のインドアカデミー賞では作品賞を含め、史上最多の16部門で受賞したとか。日本での公開は2013年だそうです とにかく面白い!最高に泣き笑い、そして考え込む……素晴らしい作品でした。見終わった後に、ナンとも言えない爽快感があり、どことなく名作「Back to the Future」を思い起こさせるものがありましたね。話的には全く関係ないんですけどね まあこの、なんとなくしょーもないタイトル名や、このダサダサな↑予告からは、決して観ることがなかったであろう映画です(笑)しかも、話の途中でいきなり歌いながらの群舞が始まってしまうインド映画(爆)である、というハードルの高さもあり、普通ならまず、喰わず嫌いに終わってしまいそうでした…… しかも、実は、上映時間が「インターミッション付き」の2時間51分とやたら長いじゃないか…… ホント、普通だったら、まず、観ない作品でしたね が……観てよかった!感動した!素晴らしい!これは誰かに勧めたい作品だ!……これもまた「縁」というものなのでしょう…… まず、とにかく、話が良く出来ていて、ぐいぐい引き込まれます。なので、全体で171分という長さもまったく感じさせず、しかも登場人物たちは等身大というか実にリアル感があり、何より魅力的。実際には主人公の大学生・ランチョーを演じた俳優・アミール・カーンが当時の実年齢が44歳だった……などのことはありますが、そんなもん、言われなければ全くわからない(笑)ある意味すげえ、この役作り(爆)まん丸くてデッカイ目玉に、ちょいとノーブルな顔立ち。それが、幾何学的な動きも見せたりして、アタクシの中では、 リアル・ウッディ=Toy Storyの主人公 =って感じでしたね 話は作品に戻しますが…… その上で、教育の格差や競争社会の持つ歪み、あるいは「教育とはそもそも何か?」とか、階層社会と人の暮らし、貧困と教育の関係、「学業の成果とは成績か?」「良い成績とは良い就職をすることなのか?」……などと、おそらくインドに限らず、どこの国でも、同じように抱えている人間社会の問題が、きちんと違和感なくストーリーに織り込まれています。 もちろん、そこはそれ、群舞必須のインド映画らしく、時としてマンガチックな場面展開にはなりますが、それでも、現