投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

注目の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

イメージ
Q:無関心ではいられるけど、無関係ではいられないコトってな~んだ?
まぁ、いろいろあるとは思うんですけど……
今回の答えは「政治」です

参院選、終わりましたね。投票に行きましたか?全体の投票率が48.80%だったそうで、これは戦後2番目に低い数字だそうです。

変な話ではありますが、国民の半分以上の人は、消費税が10%に上がることに反対もしてなければ、アメリカからポンコツとされならも1機100億円以上もするF35戦闘機を合計で147機も買っちゃって、機体の取得費用だけで1兆7052億円も使うことにOKってことなんでしょうね。ちなみにこれ、維持運用費は別ですからね(笑)ほいでもって、老後の生活についても、2千万円以上の貯金もあるから、年金生活になっても大丈夫……。少なくとも、これらのことに積極的に反対しようとしなかった人(有権者)が半分以上だった、ってことですわ

This blog has written in Japanese almost all topics.  I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy.  Thank you for your coming. 
Spoiler Alert!

Twitterに「選挙のことで彼女と喧嘩までした。『わからないものはわからない』。学校で政治や選挙のことなんて教えてられてないから、選挙に行けとか言われると上から目線に聞こえる、と言われた」という投稿があがり話題になってましたね。

おかしいなぁ……義務教育課程を経た人なら、日本の政治の仕組みや選挙制度について習ってない、ってことはあり得ないんだけど。議院内閣制とかもわからないのかな?地方自治体の首長や議員は選挙で選ばれる、ってのも知らないのかな?働いて給料をもらうと税金が引かれてるけど、どうして税金が取られているのかもわからないのかな?

「政治」って、実は単純に、「生活のこと」なんですよ。まあ、…

米沢の左寄り/道の駅米沢

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.
米沢の道の駅です

2018年4月にオープンしました
大人気のようです。週末なんぞは激混みです
中に入りますと……
前田慶次(笑)が歓迎してくれます
地場産品も充実
それだけじゃなく




飲食ブースも実に充実してます

が、それよりも何よりも
アタクシにとってポイント高かったのは
トイレですね
温水洗浄便座、いわゆる「ウォシュレット」付きです
あ、表記的には逆か
ウォシュレット、いわゆる「温水洗浄便座」付きです

「道の駅」でウォシュレット完備って
意外と少ないんですよね~
そういった意味では非常にありがたい!

ただここのトイレ(……っても知ってるのは男子トイレだけですけど)
便座が何故か
「左寄り」なんです

写真の床のタイルをみてください、わかるでしょ?
何故か左寄りなんですよ
これがね……
アタクシのようにガタイが良いと
用足しの最中に、左からの圧迫となり
妙に腰に負担がかかる!
ウォシュレットはいいんですが、ちょっと疲れます
それが残念であります

で、この「左寄り」
1カ所だけじゃないんですな(笑)
全個室そうでした!

まあ、それだけなんですけどね

#道の駅
#道の駅よねざわ
#前田慶次
#米沢牛
#ウォシュレット
#左寄り
#YonezawaMichiNoEki 


航空自衛隊三沢基地を見学した

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  しばらく前のことですが 航空自衛隊三沢基地の見学に行ってきました この機体は、F2戦闘機であります
最新鋭のステルス戦闘機・F35の導入に伴い
三沢にいた8飛行隊が築城(福岡県)に移り 今年の春には 3飛行隊も百里(茨城県)への移動を完了します そんな意味ではこの時が アタクシ的には、三沢基地所属のF2を見る 最後の機会になりましたなー   後からパチリ そして前からも
米軍のF16をベースにしたとはいえ 実に格好いい飛行機でしたなー(……ってまだ現役だけど) 「情報」によると、2020年1月下旬からは スクランブル(対領空侵犯機に対する緊急発進)も 千歳基地から来たF15が担っているのだとか そのうち35がアラートに入るんでしょうね~

時の流れですね~~
#F2 #F16 #F35 #MisawaAB #航空自衛隊三沢基地 #第3航空団 #第3飛行隊

黒森歌舞伎

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  2月15日のことですが、黒森歌舞伎に行ってきました

黒森歌舞伎は江戸時代中期の享保年間(1716~1735)から
現在の酒田市黒森地区で伝承されてきた地芝居です

毎年、旧暦の小正月にあたる2月15日と17日に
黒森日枝神社の奉納行事として上演されています
ちゃんと専用の演舞場があります

例年だと極寒で雪がわんさか降っている時に公演があるんですね

そんなわけで例年なら
「雪中芝居」や「寒中芝居」が黒森歌舞伎の枕詞でしたが
今年は暖冬で、雪がゼロでした
昨年、ポーランドで初の海外公演をやったという黒森歌舞伎
暖冬も加わって、大層な人出だったそうですよ
3月8日には酒田市の希望ホールでも公演がありますよ~

#黒森歌舞伎
#地芝居
#寒中芝居
#歌舞伎
#Kabuki
#KuromoriKabuki

青森のゼットンにて「鶏だし炙り中華」

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  鶏だし炙り中華 バラそば=750円

青森にある「ゼットン」という名前の店です
ウルトラマンを倒したヤツとは関係ないそうです
絶品豚骨なので
ゼットンだと聞いた記憶が……
青森では「主流」の「煮干し中華そば」の店ですね

この「バラそば」は
シャモロック・桜姫鶏・五穀味鶏と
三種類の鶏を12時間かけスープ作りをしてるとか
トッピングはバラチャーシューを炙ったのが乗ります

味ですが
まあ、そつのない感じですかね~
美味しいですが、その範囲は想像通りというか
肝心の炙りチャーシューも
ちょいと豚香が強くて、アタクシは苦手な感じだったかなー

全体として、ちょいと狙いすぎた気がしましたね~

#ラーメン
#ウルトラマン
#シュワッチ
#青森のラーメン
#豚骨
#Ramen
#バラチャーシュー

映画「パラサイト 半地下の家族」

イメージ
パラサイト 半地下の家族 ☆☆☆☆/☆☆☆☆☆
今年のアメリカの第92回アカデミー賞で、作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞を受賞した話題の韓国映画ですね。第72回カンヌ映画祭でも最高賞であるパルムドームを受賞しています。「賞レース、総なめ」って感じですね~。詳しいストーリーなんかについては、まあ、話題作でもありますから、直接見た方がいいと思うので省略します(笑)
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  Spoiler Alert! …… …… …… 保本:なんです?!この果物の腐ったようなにおいは?
津川:貧乏のにおいですよ、この連中のね……
さて この映画「パラサイト」を見て、真っ先に思いだしたのが、黒澤明監督の映画「赤ひげ」の中の、こんなシーンでした 「赤ひげ」は、山本周五郎の時代小説「赤ひげ診療譚」を原作に映画化されたもので、日本映画の傑作の一つでもあります。公開は1965年で、同年のヴェネツィア国際映画祭では、主演の三船敏郎が男優賞を獲得するなどしています
時は江戸時代後期の文政年間(1818~1831)。舞台は、江戸幕府が「享保の改革」の一環として江戸・小石川に開設した貧民層相手の診療施設「小石川養生所」です。物語の時点では、養生所が開設されて100年近くが過ぎたこととなっています
「赤ひげ」とは、この養生所の「所長」である医者・新出去定(にいで・きょじょう=三船敏郎)のあだ名です 町医者である赤ひげは、医術者としては高い技術を持ち、同時に、常に、社会における貧富の差や不公平、不公正、権力からの理不尽に怒っています。彼は日々、貧困と無知、そしてそこからくるモノ……病気もその一つです……と闘っています。世の中に対しては偽悪趣味ですが、力の在る者をくじき、弱気者たちを助けています
物語…

率先炊飯/ #HiddenMickey Recently Ⅷ

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.
毎日の生活の中で、「食事」は、「睡眠」と並んで大事な行為です 人間の三大欲望は、食う・寝る・やる(性行為)、だとも言われますからね

「やる」は、その名称が示すほどに頻度が高いわけではないと思いますが
(日本は他の国に比べて、こちらにかける比率が低い……
との報告もありますしねぇ……)

その一方で 「食う」と「寝る」は、大体の人が毎日やってると思います
そもそも人間は、毎日、何かしらを食べないと生きていけません
まあ、数日間の断食なんぞは可能かも知れませんが
生命を維持するためには、3日と空けずに
飲んだり食ったりしなければいけません
そんなわけなので

「食う」

♪~全てがここから始まる~と言っても過言ではないでしょう
米米クラブではないですが
しかしながら、これはまた同時に
「食えばいい」というものでもありません
口の中に、何か栄養になるものを継続的に放り込めば
全てが解決するか?といえば、そうではないですね
第一、「食べ方」が悪ければ
食べたものが栄養となって活動のエネルギーに使われるよりも
内臓にトラブルを持ち込み
むしろ、不健康な状態をもたらすことだってありますからね
アタクシにとっての「食事」は……
もちろん
「1日に必要なエネルギーを補給するための作業」
には違いないのですが

それだけではありません

「食べる」は「人生を謳歌する」と同義語といっても
過言ではないぐらい
日々の大事な作業です なので
「ご飯は楽しく食べなければいけない」
これが持論です

よく、食事時に限って喧嘩になるようなケースがありますが
ありゃあ、最低ですね
よって、メシ時に何かと言うとちゃぶ台をひっくり返す
とうちゃん(星一徹)は、最大の敵であります(爆)

ご飯はみんなで楽しく…

ラーメン「花火」

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming. きざみ肉煮干しラーメン=850円
酒田市内に「花火」というラーメン屋さんがあり 結構、通る道沿いだった、ということもあり 前々から気にはなっていたので 遂に行ってみました
相当な人気店なんでしょう、たぶん 入店した時は先客は1人でしたが ほとんど全ての客席とカウンターの上に 丼(←たぶん空の)が並んでました 20個ぐらいはあったんじゃないかな?

カウンターの向こうはライト感覚な兄さんが1人……
どうやらワンオペのようです

まあ、味については個人の好みもあるのでナンとも言えませんが アタクシにはしょっぱすぎでしたね 酒田市内に限らず山形のラーメン屋さんは アタクシ的にはしょっぱい店が多くて 舌が痺れちゃうぐらいしょっぱいこともよくあります
青森よりもしょっぱいんじゃないか? 少なくとも青森県の南部地方よりはしょっぱいと思うぞー。山形
で 麺は太麺をチョイスしたように記憶するのですが 歯ごたえが妙に豊かである反面 コレと行った特徴がない仕上がりぶり 不思議な感じでしたね~~
チャーシューもよくある感じの 肉の線維質が強調されるスタイルで
完食は果たしましたが まあ、アタクシ的には、もういいかな~
戦闘機を飾る撃墜マークのように
テーブルやカウンターに並べられた空の丼は 帰る時になっても
箸が丼に突っ刺さった状態のままで ほとんどそのまま並んでました(笑)
#ラーメン #煮干しラーメン #デス煮干し #国民食 #チャーシュー #太麺好き
#RamenHanabi

映画「スポットライト 世紀のスクープ」

イメージ
スポットライト 世紀のスクープ ☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆
アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、2002年に、カトリック教会内で神父による児童への性的虐待が横行していただけでなく、それが組織的に隠蔽されていた……という大スキャンダルをスクープした、その実話に基づく社会派ドラマです

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  Spoiler Alert!
2015年の作品で、日本公開は2016年でしたが、公開当時は映画館に行けずそのままになってましたが、今回、毎度のGYAO!で公開されたので、やっとこさ見ることが出来ました。いがったいがった さて、アメリカにおける「カトリック教会」とは単なる宗教団体などではなく、ある意味「政治団体」「政治的圧力団体」でもあり、地域を構成し、住民を結びつける核となる団体でもあります。そんなわけで、カトリック教会の影響力は、日本の宗教団体の比ではありません

そのカトリック教会を相手に、教会のスキャンダル……しかも聖職者による児童への性的虐待を暴こう、というのだから、そこには、まあ、当然のように、様々な妨害やら障害やらが立ちはだかります。本来は公開されるはずの「裁判の記録を公開させない」など、その圧力は半端ないほどです。まさに神をも恐れぬ仕業ですが、何に限らず「組織防衛」というのはこういうモノでしょうね

加えてアメリカは訴訟社会であり、契約社会です。協会側に違法性があったとしても、その担当弁護士は「契約」や「弁護士の守秘義務」と楯に、記者たちの真実を求める声に耳を貸しません。弁護士にとっては、「依頼人が言う真実こそが真実」というクールな対応で、まさに「人としてどうよ?」と詰め寄っても、頑なに口を閉ざし続けます

そんな障壁にも負けず、記者たちはコツコツ…

前田慶次と米沢

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

The Last Samurai in 17th century  マンガではこないに描かれている「前田慶次(慶次郎)」ですが 実在の人物です 実際にこんなに格好よかったかどうかはわかりません
wikiによると 生年が天文元年(1532年)~天文10年(1541年)ごろで 没年が慶長10年(1605年)、もしくは慶長17年(1612年)と まあ、生没共に諸説ありです 戦国時代の人ですから、当たり前っちゃ当たり前ですが……
で、名前の「慶次」も通称で 前田利益(まえだ・とします)が本名であるが 時代時代によって、宗兵衛とか利太とか いろんな名前を使っていたとされます
まあ、そんな、本当は謎だらけの「前田慶次」ですが…… 山形県米沢市内には「供養塔」があります これは米沢藩の資料に、慶次が慶長17年6月4日に 「米沢の堂森で没した」とあるからだそうで ホントのところは縁もゆかりもありませんが その地区に現在ある「善光寺」という寺に 「後付け」で 1980年に建立されたそうです
元々史料が乏しいところへの「後付け」ですから  結構、謎のものがいっぱいあります ↓これなんか兜のようですが…… もう、何がなんだか(笑) 最近の「慶次」ファンの多くは おそらく、マンガの「花の慶次」以降のことだろうから すべからく、マンガに描かれた「慶次」像を求めるのでしょうね~ しかしながら…… ↑こうなるともう「前田慶次」だか
「武蔵坊弁慶」だかワケがわかりません

「歴史上の人物」とは、確かに
大体は実在した人ではありますが
中には
「記述は残ってるけど、ホントに実在したの?」
って人も多いですな

それでもまあ
「記録の乏しさは想像力で補え」とばかりに
過大に粉飾され「物語」に登場…

暖冬と豆乳味噌ラーメン

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  Spoiler Alert!

Ramen Tounyu-Miso なんだよ、ピンぼけじゃねーか(笑) 毎度の酒田にあるラーメン屋「月輪」の豆乳みそラーメン=860円、です 「月輪」は「がちりん」と読みます 「つきのわ」ではありません。クマじゃないんで
月輪お得意の「期間限定メニュー」です 味噌味なんですが、すでに泥状態のどろどろ そこに豆乳が入っているので、非常にまろやかでコクのあるドロです トッピングはかなりサッと炒めたキャベツなどの野菜で シャキシャキっとした歯ごたえと焦がし香が特徴です
麺はやや太麺かな。歯ごたえと小麦の旨みが十分です チャーシューも毎度のうまみたっぷり。臭みは全くありません
この期間限定ラーメンですが 「暖冬のため、2月末まで」と貼り紙がしてありました なんで????
暖冬なせいか今冬は、味噌ラーメンが思ったほど「出ない」とのこと 味噌ラーメンは寒い方が人気なんですかね? まあ、味噌ラーメンは札幌発祥ですし、イメージとしても
寒いなぁ……=じゃあ、きょうは味噌ラーメンだ
って感じなんですかね
もっとも、この「寒いなぁ……」って感覚については JIS規格にもJAS規格にも定義されていないので あくまでも本人の具合次第ではあるんですがね
その昔、朝の気温がマイナス15度ぐらいだったという 岩手県盛岡市内から 「今朝はこの冬、一番の冷え込みで12度だった」という 沖縄・那覇市内へ一気に移動したことがありました

那覇に着いたら 周囲の人たちはダウンにマフラーと完全防備!
「いや~~、きょうは寒いね~~」なんて会話も聞こえましたが アタクシは暑くて暑くて、Tシャツ姿で、さらに大汗かいてました

あの時は、間違っても味噌ラーメンは頼まなかっただろう…

映画「フォードvsフェラーリ」

イメージ
フォードvsフェラーリ=☆☆☆☆/☆☆☆☆☆ 1960年代後半、アメリカの自動車メーカー・フォードが、イタリアの自動車メーカー・フェラーリを買収しようとしたら、フェラーリの社長、エンッツォ・フェラーリに袖にされたんで、腹いせに、当時フェラーリが「常勝」だったフランスの自動車レース「ル・マン24時間」で「フェラーリに勝て!」と檄を飛ばされた2人が、最終的にル・マンでフェラーリに勝つ……ってな話です(……って端折り過ぎか!まあ、なんじゃこれは?と思う方は映画館に行ってください……笑)
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

Spoiler Alert!

どうも実話をベースにしているようです マット・デイモン演じる主人公の1人、キャロル・シェルビーは元F-1レーサーでもあるんですね。wikiによると、F-1参戦は1958~1959年の2シーズンで、1959年には、この映画にも出てきますが、「ル・マン」で優勝しているようです。心臓病のためレーサーを引退した後は、レーシングカーデザイナーとして活躍したようです クリスチャン・ベイルが演じるもう1人の主人公、ケン・マイルズは車の修理工場を営みながらレースをやっているイギリスからの移民のようです。劇中でも「ブルドック」とも呼ばれてますしね。wikiのページがないので、その人となりはようわからんです この映画の中でも出てきますが、アメリカの自動車レースは、基本、オーバル(楕円形…陸上競技場のような感じ)です。有名な「インディ500」もそうですが、立体型の楕円コースをひたすらぐるぐる回ります。国内で例えるなら「競輪場」のようなもんです。ぐーぐるさんの地図で見るとこんな感じです インディの場合は、この1周は2.5マイル(約4キロ)あるそうです。インディ500の場合だ…

椎名誠氏推奨のワンタン麺ではなく五目中華で

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  Spoiler Alert!

Ramen without Wonton 
↑五目中華=870円

酒田市内に「川柳食堂」というラーメン屋さん……違うな
「麺屋さん」があります
うどんも蕎麦も同様に自慢の一品な店なので「ラーメン屋」という括りは間違いで
「麺専門店」と言った方がいいですね
……って、名称は「めん類専門店」だそうです

この店、実はもの凄く有名です
まあ良くある話ではありますが……
「ラーメン通」とされる作家の椎名誠がこの店にひとめぼれしたとかで
雑誌なんかで、度々、この店の「ワンタン麺」を激賞しています

その「ワンタン」は「雲を呑むような滑らかさ」だそうですよ

とはいえ
最初に行ったときは、さほど美味しい店だとは思いませんでした
一昨年、「酒田のラーメン」の丼欲しさに
スタンプラリーに参加して連日、酒田のラーメンを食べてました
なんで「連日」か、と言えば
参加したのがキャンペーンの終盤だったからですな
で、こちらの「川柳食堂」にもお邪魔しました
正直、そんなにピンとは来ませんでしたね
美味しいことは美味しいのですけどね
その後も2回ぐらい行ったかな?
特別な印象はその時もなかったですね~

で、先日、久々の再訪でした
で、この五目中華です
ちょうど
「塩味のラーメンがいいな~」
「五目タンメンみたいのがいいな~~」
そんな風に思っていた状況だったからでしょうか?

実に美味かった!

スープもたくさんの具も
懐かしいようでありながら新しくもあり
さらに、とびっきりではないにせよ
麺が美味い!味が深いぞ!

改めて「人気店の実力」とやらを
再認識した次第です

ラーメンは奥が深いわ……

#酒田のラーメン
#五目中華
#ラーメン大好き
#僕の体はラーメンでできてる
#塩ラーメン
#椎名誠

「クラゲの水族館」の本当の恐ろしさとは

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.  Spoiler Alert! Jellyfish Aquarium: Kamo Aquarium in Tsuruoka-City はい、クラゲで有名な山形県・鶴岡市の「加茂水族館」です
が アタクシは元々、動物園とか水族館とか そういう「生き物」を収集し、展示するような施設が嫌いです
いまでこそ、北海道・旭山動物園に象徴されるように 「行動展示」が行われるようになり 檻の中の動物たちも、野生に居る時のように 生き生きと動き回っていますが それでもまだ 「捕らえられた」動物たちが 「狭い檻に閉じ込められた」状態で 死なない程度に餌付けされ 死んだような目をして ぼーっとしている動物園は多いのでは?
かと思えば エサ欲しさにさまざまな芸をする動物たち 跳んだりハネたり歌ったり……
そんな 人間の都合で飼い慣らされた生き物たちをみていると 哀れを通り越して不愉快になってきます なので、動物園とか水族館とかは 基本的に嫌いです
そういわけで、結構、近所にあるにも関わらず 行ってませんでした、「クラゲの水族館」こと加茂水族館 しかしながら、友人などが酒田に遊びに来て
「どこか行ってみたいとこ、ある?」
となると、まあ、こちらはどうしてもリクエストの上位になります 仕方ないですなぁ…… かくして、行くことになりました 加茂水族館は、実際に館内の壁にも展示してますが 結構、壮絶な施設であります いまでこそ業績もV字回復していますが かつては「閉館」やら「身売り」やらを経験しています
まあ、これは、加茂水族館に限らず 国内外のありとあらゆる 「博物館」・「博物館類似施設」の宿命でもあるからです というのも どんな施設でも開館当初は来館者数(入館者数)が伸びますね まあ、…