注目の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

Q:無関心ではいられるけど、無関係ではいられないコトってな~んだ?
まぁ、いろいろあるとは思うんですけど……
今回の答えは「政治」です

参院選、終わりましたね。投票に行きましたか?全体の投票率が48.80%だったそうで、これは戦後2番目に低い数字だそうです。

変な話ではありますが、国民の半分以上の人は、消費税が10%に上がることに反対もしてなければ、アメリカからポンコツとされならも1機100億円以上もするF35戦闘機を合計で147機も買っちゃって、機体の取得費用だけで1兆7052億円も使うことにOKってことなんでしょうね。ちなみにこれ、維持運用費は別ですからね(笑)ほいでもって、老後の生活についても、2千万円以上の貯金もあるから、年金生活になっても大丈夫……。少なくとも、これらのことに積極的に反対しようとしなかった人(有権者)が半分以上だった、ってことですわ

Twitterに「選挙のことで彼女と喧嘩までした。『わからないものはわからない』。学校で政治や選挙のことなんて教えてられてないから、選挙に行けとか言われると上から目線に聞こえる、と言われた」という投稿があがり話題になってましたね。

おかしいなぁ……義務教育課程を経た人なら、日本の政治の仕組みや選挙制度について習ってない、ってことはあり得ないんだけど。議院内閣制とかもわからないのかな?地方自治体の首長や議員は選挙で選ばれる、ってのも知らないのかな?働いて給料をもらうと税金が引かれてるけど、どうして税金が取られているのかもわからないのかな?

「政治」って、実は単純に、「生活のこと」なんですよ。まあ、一時期、「生活の党」なんてのもありまして、半ばギャグのようにも解釈されてましたが、ある意味、正解な話です(←政…

ガン回廊に夜明けは来るのか?

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

「ガン回廊の朝(あした)」は、1979年に刊行された柳田邦男著のノンフィクションです。ガンは国の統計などでは「悪性新生物」と表記されます。ガンって「悪い」「新生物」なんですね
1962年当時、ガンという病気は、そもそもが原因不明で、未知で、一度罹患するれば致死率が高かった。そんな状況下で、国立がんセンターが設立されます。このノンフィクションでは、ガンと闘い、ガンという病気を撲滅することを最大目的に、全国から集まった多くの医師・研究者たちの奮闘ぶりが描かれています。臨床や研究を重ね、早期発見→治療、集団検診、予防……などの現在に続くスタイルが確立されていく、今となっては「歴史書」といってもいい作品です
 
それにしても、ガンで死ぬ人、最近多いと思いませんか?――わかりやすいところで言うと、芸能人とかタレントとかの「有名人」。なんだか、ガン以外で死んだ人を最近みていないんじゃないか?って感じですよねぇ。特に若い人……。まあ、もちろん、ガン以外の死因もいっぱいありますけどね
日本人の死因におけるガンの割合は、実際に高いです。厚生労働省が2017年の人口動態統計をベースに示した「日本人の死因」(←男女合わせた数字)によると、1位はガンとなってます。見ての通り、数字的にはぶっちぎりです。1981年にトップに立ってからというもの、毎年、「不動」の1位だそうです……
【日本人の死因・2017年】
①悪性新生物(ガン)=27.9%
②心疾患=15.3%
③脳血管疾患=8.2%
④老衰=7.6%
⑤肺炎=7.2%
⑥不慮の事故=3.0%
⑦誤嚥性肺炎=2.7%
⑧腎不全=1.9%
⑨自殺=1.5%
⑨血管性等の認知症=1.5%
⑪その他=23.2%
具体的な死者数でいうと、37万3334人が2017年にガンで亡くなっています。内訳は男性が22万398人で、女性が15万2936人だそうです(国立がん研究センター・がん登録統計による)
ガンといってもいろんな種類がありますが、男と女では死因になるガンの種類が違うそうです。面倒なんで具体的比率は省きますが……

男=気管・気管支及び肺→胃→肝及び肝内胆管→結腸→膵臓→前立腺
女=気管・気管支及び肺→結腸→膵臓→胃→乳房→肝及び肝内胆管

と、男女によって若干の違いがあります
なんでこんな話を書いているかというと、ちょうど1週間ほど前になりますが、知人が膵臓ガンで亡くなったのですな。66歳でした。
1年半ぐらい前に、「どうにも背中が痛い」と受診したところ、「何でもない」との診断だったとか。そして、今年、再び検査に行ったら……

「膵臓ガンでステージ4」

と診断されたんだそうです。「去年からおかしいと思ってたんだよな~~」と本人はボヤきましたが、仕方ありません。セカンドオピニオンって、なかなか思いつかないしねぇ……。ほいでもって、今年4月から、だったかな? 抗がん剤を使った治療を開始しました。当初本人は「きょう、明日に死んだりはしない。抗がん剤治療であと1~2年は保つ」……な~んて言ってました
ペースとしては、1週間入院しては2週間休んで……だったかな?抗がん剤の投与中は、とにかく、どことなく気持ちが悪くなるモノだそうで、だるくて、苦しくて、アタマもぼ~~っとして「何も出来なくなる」んだそうです

そうこうしているうちに、5月にはガンが骨に転移していることも判明。治療で20キロ近く体重が落ち、余りに髪の毛が抜けるので丸刈りにし……それでも、病院から出られる時は、店もやっていたので、弟子の指導やらなにやらに奔走していたようです
6月になると高熱が続くようになり、遂には強制入院。7月……8月……と進むにつれ、1日のうち昏睡状態となっている時間が増え……2019年9月16日に亡くなりました
 
最後に面と向かって話したのは7月だったかなぁ。8月はショートメールでちょっとだけ。13日にお見舞いに行こう……と思っていながら、なんだかんだと理由を考えて行かなかった。そういう場に行くこと自体が嫌いだというのもあったけど……今思えば、行っておいたほうが良かったかなぁ……と後悔してますな
 
改めて「今日できることは、今日する」「思い立ったら行動」だなぁ……と思った次第。
 
「あしたのことは誰にもわからない」
アタクシは、ガンで死ぬのは一向に構いません。もし、なっちゃった場合は、そりゃ仕方ないと思うので。ただし、ガンであることはすぐに告知して欲しいですな……
①治療法はあるのか?
②それでどれぐらい生きられるのか?
③何もしなければどうなるのか?
……この3点については、最低でも告知と同時期に、早急な形で忌憚なき丁寧な説明が欲しいところですなぁ。何はともあれ、死んでから棺桶に入れられるのは諦めますが、棺桶に入ったまま死ぬのを待つような趣味はないもんで……

合掌です

#ガン
#死亡原因1位
#説明責任
#告知してね
#QOLは大事

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト