投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

注目の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

Q:無関心ではいられるけど、無関係ではいられないコトってな~んだ?
まぁ、いろいろあるとは思うんですけど……
今回の答えは「政治」です

参院選、終わりましたね。投票に行きましたか?全体の投票率が48.80%だったそうで、これは戦後2番目に低い数字だそうです。

変な話ではありますが、国民の半分以上の人は、消費税が10%に上がることに反対もしてなければ、アメリカからポンコツとされならも1機100億円以上もするF35戦闘機を合計で147機も買っちゃって、機体の取得費用だけで1兆7052億円も使うことにOKってことなんでしょうね。ちなみにこれ、維持運用費は別ですからね(笑)ほいでもって、老後の生活についても、2千万円以上の貯金もあるから、年金生活になっても大丈夫……。少なくとも、これらのことに積極的に反対しようとしなかった人(有権者)が半分以上だった、ってことですわ

Twitterに「選挙のことで彼女と喧嘩までした。『わからないものはわからない』。学校で政治や選挙のことなんて教えてられてないから、選挙に行けとか言われると上から目線に聞こえる、と言われた」という投稿があがり話題になってましたね。

おかしいなぁ……義務教育課程を経た人なら、日本の政治の仕組みや選挙制度について習ってない、ってことはあり得ないんだけど。議院内閣制とかもわからないのかな?地方自治体の首長や議員は選挙で選ばれる、ってのも知らないのかな?働いて給料をもらうと税金が引かれてるけど、どうして税金が取られているのかもわからないのかな?

「政治」って、実は単純に、「生活のこと」なんですよ。まあ、一時期、「生活の党」なんてのもありまして、半ばギャグのようにも解釈されてましたが、ある意味、正解な話です(←政…

映画「決算!忠臣蔵」

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.
Spoiler Alert!
決算!忠臣蔵=☆☆☆☆/☆☆☆☆☆
This is a story about royalty,revenge, and MONEY of Samurai.
公開中の映画です。実に面白かった! 上手な役者たちが集まって個性を出し合って、掛け合いのテンポもよく、しかも、新しくて、楽しめる。2時間ちょっとの作品でしたが、あっという間に終わった感じですね~。これぞ正月にみんなで楽しめるエンターテインメントですわ。この映画は是非、映画館で見て、大笑いして欲しいですな(笑)

ナイナイの岡村が赤穂藩の勘定方・矢頭長助として出ていますが、大石内蔵助(堤真一)との掛け合いを含め、相当にいい味を出してます。このまま俳優になってしまってもいいのではなかろうか、というぐらいでしたね。濱田岳(大高源五)も実に俗っぽく、いい味だしてましたなぁ。荒川良々の堀部安兵衛はなんか頭が悪そうでしたなぁ(笑)アレって必要?
さて、「忠臣蔵」といえば、これまで何度も何度も、それこそ小説からドラマ、映画、舞台……と一体、何回、上演されてきたんだよ??ってな作品です。それこそ話の大筋自体は、日本人なら誰でも知ってるわけですから、これまであった数多の「忠臣蔵」においても、浅野内匠頭は必ず、吉良上野介相手に松の廊下で事件を起こしますし、赤穂浪士は、これまた必ず、吉良邸に討ち入ります。ある意味、話の膨らましようがありません。まさに、「鉄板」の物語です。

ですので、これまでの「忠臣蔵」といえば、制作が発表される度に、「今度は誰が大石内蔵助を演じるのか?」「吉良上野介は?」……といった配役への関心か、せいぜい「吉良は実は意地悪なんじゃなくて、浅野内匠頭こそが無知蒙昧だった」とか「吉…

映画「YESTERDAY」

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming. Spoiler Alert!
YESTERDAY=☆☆☆/☆☆☆☆☆
世界中を巻き込む停電があって、その合間にバスにはねられて、目を覚ましたら、だれもビートルズを知らない世界になっていた……という、「if」ものです。全編を通じてビートルズの曲がガンガンかかりますので、ビートルズファンにはたまらん映画ではないでしょうか?実際、アタクシも映画館で、お馴染みのサウンドにあわせて、体を揺らしたり、足でリズムを取ったりしてました。

2019年10月の公開作品ですが、山形・庄内では2020年のお正月映画となりました。まあ、「お正月映画!」と言ってもいいぐらい、座りのいい内容でした

ビートルズ……1960年代に活躍したイギリスのバンドでレコードデビューは1962年。1970年には解散してます。もう50年以上も前のことですね。そういうわけで、ほとんどの楽曲は著作権が切れてます。映画でも何でも使い放題ってことですね~。なんせ今の世代にとっては、ベートーベンやモーツァルト同様に「教科書」マターですもんねぇ……

さて、映画ですが……まあ、面白いんですが、ことマンガを読む習慣のある日本人にとっては、この映画の目新しさは「まったくない」と言っていいのではないでしょうか?
と、いうのも、「If ビートルズが……」というアイデア……つまり、この映画のミソの部分ですが、これに関しては、すでに「手垢のついた」話だからです

2010年に「モーニング」誌上で、「僕はビートルズ」というかわぐちかいじのマンガの連載がありました。http://morningmanga.com/lineup/95

現代でビートルズのコピーバンドをやってる若者が、ビートルズのデビュー前の世界にタイムスリップしてしまい、盗作するカタチでメ…