注目の投稿

極めれば「つけ麺」

「つけ麺」って好きですか?店主(←アタクシのことですよ)は大好きです。
 
しかしながら、「おいしいつけ麺」って、なかなかないですよね?東京ではある時期から……10年ぐらい前ですかねぇ……いや、もちょっと前かな?……から、つけ麺が、それこそ雨後の竹の子のように出店してました。池袋だ、新宿だ、渋谷だ……とどこもかしこも「つけ麺屋」だらけ

This blog has written in Japanese almost all topics. 
I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga.
So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy. 
Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

だけンど、あんなに数があって、結構、食べ歩きもしたけど、おおよそ「当たり」に出くわした印象がない(笑)「おいしいつけ麺」よりもむしろ、胃袋への配慮を欠いた、まず胃のことなんて不要で考えてない、最初の「い」なんていらない……「おしいつけ麺」ばかりが、あちゃらこちゃらにあった印象なんですけど(爆……すみません、おやんづ=親父=なギャグで……え?ここまでかみ砕いたのに、さらに解説要る??……OMB!=Oh My Buddha! 頼むよぉ~、勘弁してけろじゃぁ……)

で……ナンの話でしたっけ?
そうそう「つけ麺」でした(笑)
つけ麺って、結構、難しいと思うんです、ワタクシ……
だって、つけ麺ですぜ(笑)まずは、「麺」が美味しくなかったら、即効アウトでしょ~(笑)。ほいでもって、「スープ」が美味しくなかったら、これまた論外!その上で、スープと麺のマッチングが良くないと、またまた論外で、さらには、最初の一口目から、最後のちゅるんまで、仮に変化していくにしても、最低限、一定以上のバランスとクオリティーがその一杯には求められる……
 
あ”~~~っ、めんどくせ~~~~(爆)
 
そう!客ですら面倒臭い!つけ麺とはそういうものなのだ!
こと「つけ麺」に求められるスキルっつーか、レベルっつーか、それは半端ないと思いますよ。なにしろ、つけ麺は、頼んでみて、食べてみて、「へ~~~ぇ、おもしれ~~~」だけではダメなんス(笑)「力と技の均衡」と申しましょうか、あるいは、「才色兼備」とでも申しましょうか……
 
わかりやすく言うと、アタクシ的には「つけ麺3原則」ってのがありまして……
 
その1)つけ麺は、麺が美味しくなければいけない=何もつけないでも、麺はもちっとしてて、豊かな食感とかみ応えがあって、小麦が静かに織りなすうまみと深みがあって、喉ごしがスムーズであることが必須……って、めんどくせ~~~(爆)
 
その2)スープは、その持てる力を最大限に発揮し、スープそれ自体としても他所に阿ることなく、それでいて、麺にしっかりとからみ、麺の持つうまみを最大限に引き出しつつも決して負けることなく、何よりも、最後の麺一本の切れっ端まで、ちゃんと対等のお付き合いをしつつ、最後のスープ割りを迎えるまで、間違っても気を抜くことのないような、自主独立したうまみと切れ味を保ちつつ……あ~、めんどくせ~~~(爆)
 
その3)もう、めんどくせ~~~ので省略!

……ちっともわかりやすくないっすね(爆)
 
写真は、以前にも紹介しました山形県は酒田市内のラーメン屋「月輪」のつけ麺「かつお薫る 濃厚つけ麺」=890円の麺量400グラムです。このつけ麺、スープが2層になってるという変わり種です。上は濃厚な泡クリーム状、下はしっかりだけどさっぱりとしたカツオ風味です。あたしゃ気に入りましたね、これ
でも、欲を言えば、「麺はもう少し太い方がいいな~」、そんでもって、「もうちょっとギリッと冷えてるといいな~」、さらには、「スープの温かさがもう少し、最後まで熱い状態でもつといいな~~」と、なにげに不満たらたらですが……(笑)そうは言うモノの、まあ、満足の部類に入る一杯でした。
 
とはいうものの、所詮は個人的印象(笑)
 
「何を語るか?この未熟者っ!偉そうに能書きたれるのなら、ここのつけ麺を食ってから言ってくれ!」などのご意見の在る方は、どうぞコメント欄に書き込んでくださいませ。「我こそはつけ麺道の求道者なりぃ!」などと自負されておられる方々も遠慮なくどうぞ。ほいでもって、「我がつけ麺道の御流儀」なんぞを教えて頂けますと幸いです(笑)
情報提供、謹んでお待ち申し上げます(笑)

#つけ麺
#太麺
#ラーメン
#スープ割り
#つけ麺
#つけ麺は難しい
#酒田のラーメン
#ラーメン大好き
#スープ割
#太麺だろやっぱ
#熱盛り

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」