注目の投稿

Ramen / きょうも攻める一杯:酒田の「ラーメン月輪」

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

久々に「つけ麺」が食べたくなり、酒田市富士見町1丁目にあるラーメン屋「ラーメン月輪」に行きました。しかしながら、お目当てだった「かつお薫る濃厚つけ麺<平日限定>=890円」↓は、9月30日で今年の営業が終了……のOMG!
それでは!と、券売機に貼ってある久々の「きまぐれ麺・背脂煮干白湯=800円」を頼もうとしたら、こちらも本日の予定終了……でOMB!
 
なので、毎度の「汁無しまぜそば=680円」にしようかと思ったが、それでは毎度のことなので、ここは一つ、「しびから=890円」にしてみましたぜ。冒頭、一番最初の写真がソレです
 
「しびから」とはなんぞや?って感じですが、たぶん、「痺れる辛さ」とか何とかなんですかね?辛玉と厚切りチャーシューがのったどろラーメンで、刻みタマネギがスープの中に隠れています。月輪は日頃から濃厚どろスープ系のメニューが多いんですが、今回も、さもありなんのどろどろのスープでした。
そこに、太めで少し固めに仕上がった麺が入っていて、どろスープによくからみます。食べた感想としては、「うまいっ!」。どろ具合がちょうど良くて……飲んで良し、すすってよしで、じっくりと味わえます……、これは残りにご飯と卵でも入れて食べたい、って感じですわ

全体的な印象としては、まあ、何とも「攻めてる一杯」ですかねぇ……。元々、月輪は日頃のラインナップからして、やたら滅多ら「攻めまくる」店なんですけどね。例えば、上記でOMBだった「きまぐれ麺」は……今回のはまだ食べてはいませんが、毎回、なんじゃそりゃあっ!と「攻める」ラーメンが登場します。今回も、「背脂」で「煮干し」で「白湯」って、一体、どういうラーメン?? 狙っているのはどこいら????……って感じですよ。期待しちゃいますね~
惜しむらくは、1回の訪問で、2杯のラーメンはさすがに食えない、ってことですよ。なので、やむを得ず、1杯しか食べませんけど。それに毎日ラーメン喰ってばっかりも居られないんでねぇ……。どうしても全メニュー制覇には時間も必要ですわ(←って、そこ??)

それはさておき……

「どろ」系スープのラーメンはここ10年ぐらいですかね?各地でメジャーになってきた「極めて濃厚、だけど、コクと旨みがあって、塩分過多ではない、文字どおりどろっとした、流動性にやや乏しいスープ」です。全国チェーン店では「天下一品」とかが、このどろっとしたスープでしょうかね?
酒田で主流である「酒田のラーメン」は、魚介系ベースのすっきり醬油味スープにワンタンが入っている……なので、この月輪のような「どろ」系はあまり見かけませんね……ま、アタクシが知らないだけかもしれないけど
 
月輪は定番メニューとして「どろ」系が主で、メニューにも「超濃厚どろ中華」が「プレーン」「にぼし」「かつお」の3タイプが用意されてます。どれも、ウルトラこってりなんですが、脂っぽさやしつこさはなく、これは最早ラーメンスープの域ではない、ってな感じです。酒田でここまで攻める店はないなー。山形県、東北地方でもあんまりないんじゃないかなぁ……。まあ,ヨソは知らんけどさ~
 
いずれ、百聞は一見にしかず。ブログ100読より実食1回ですわ。朝ラーはメニュー限定で午前6時から午前9時まで、グランドメニューの昼は午前11時から午後2時までと結構タイトな時間帯の営業です。もちろんスープがなくなれば、早く閉まることも!なので、しっかり狙って行かないとならんです。まあ、お試しあれ。水曜日は定休日ですよ~

#ラーメン
#ラーメン月輪
#どろ中華
#チャーシューがとにかく美味い
#酒田のラーメン
#朝ラーもやってます
#もはやラーメン店ではない
#きょうも攻めてます

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」