注目の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

Q:無関心ではいられるけど、無関係ではいられないコトってな~んだ?
まぁ、いろいろあるとは思うんですけど……
今回の答えは「政治」です

参院選、終わりましたね。投票に行きましたか?全体の投票率が48.80%だったそうで、これは戦後2番目に低い数字だそうです。

変な話ではありますが、国民の半分以上の人は、消費税が10%に上がることに反対もしてなければ、アメリカからポンコツとされならも1機100億円以上もするF35戦闘機を合計で147機も買っちゃって、機体の取得費用だけで1兆7052億円も使うことにOKってことなんでしょうね。ちなみにこれ、維持運用費は別ですからね(笑)ほいでもって、老後の生活についても、2千万円以上の貯金もあるから、年金生活になっても大丈夫……。少なくとも、これらのことに積極的に反対しようとしなかった人(有権者)が半分以上だった、ってことですわ

Twitterに「選挙のことで彼女と喧嘩までした。『わからないものはわからない』。学校で政治や選挙のことなんて教えてられてないから、選挙に行けとか言われると上から目線に聞こえる、と言われた」という投稿があがり話題になってましたね。

おかしいなぁ……義務教育課程を経た人なら、日本の政治の仕組みや選挙制度について習ってない、ってことはあり得ないんだけど。議院内閣制とかもわからないのかな?地方自治体の首長や議員は選挙で選ばれる、ってのも知らないのかな?働いて給料をもらうと税金が引かれてるけど、どうして税金が取られているのかもわからないのかな?

「政治」って、実は単純に、「生活のこと」なんですよ。まあ、一時期、「生活の党」なんてのもありまして、半ばギャグのようにも解釈されてましたが、ある意味、正解な話です(←政…

映画「ガッチャマン」

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

ガッチャマン=☆/☆☆☆☆☆
 
GYAO!のいいところは、映画が無料で見られることです。たまたまですが、「ガッチャマン」がかかっていたので、見てみました

ガッチャマンといえば、ご存じ、タツノコのアニメ「科学忍者隊 ガッチャマン」ですね。この映画は、そのガッチャマンの実写版です。といっても、基本、「科学忍者隊」や「ガッチャマン」、敵役の「ギャラクター」といったアニメ版ガッチャマン=言わば、ガッチャマン・オリジン=の単語は引き継いでますが、内容そのものは、はっきりいって、ガッチャマンとはまったく無関係です
 
と、いっても、アタクシ、正直、この作品を見続けるのは苦痛以外の何モノでもなく、途中で放棄しましたので、正直、どこまでガッチャマンと無関係なのかは、実はよくわかりません
 
作品の三分の一ぐらいまで見たところでの断念しました。この作品を見続けるのは、アタクシにとって、「ある意味、時間の無駄なのではないか?」となったですね……。もちろんコレは、アタクシ独自の感覚で、誰にとってでも、同じような感想が得られる、ってワケでは、もちろんないですけどね

アタクシがこの作品の開始40分にして感じたのは、果たしてこの作品には「ガッチャマン」という名前……すなわち「冠」が必要だったのか?ということなのです
 
なまじ「ガッチャマン」だの「健」だの「南部博士」だのと、オリジナル「ガッチャマン」に即した名称やらを使うから、オリジナルの「ガッチャマン」を知っている世代にとっては、どっちらけの映画になってしまうのだけど、これは、全く別物の、なんだかよくわからないけど、古代遺跡から見つかった石に「選ばれた」特殊能力を持った5人が、世界征服を企むナゾの組織と闘う……ってなストーリーだったら、これはSFモノの映画として、全然、ありだと思うんですけどね
 
単語や設定になまじオリジナル「ガッチャマン」のイメージを重ねてしまうが故に、作品に没頭できなくなる……

なんか「既視感」のある話だなぁ……と思いましたね

原作の実写化はいいんだけど、設定は原作に近く、そのくせストーリーは別物……そんな意味で、大いに既視感があったのがこちら↓
マンガ「進撃の巨人」の実写版ですね。
作品の公開年度としては、2017年なので、実際には、こちらの「ガッチャマン」の方が先(2013年)の公開にはなりますが、アタクシ的には、「ガッチャマン」を後から見たので、余計に既視感を感じましたね~
 
カネ掛けてせっかく映画にしてるのに、こちらの「巨人」も、エレンだのミカサだのジャンだのという、原作のキャラ設定に変にこだわって、逆に、原作のファンを激しく呆れさせてしまった……。
三浦春馬のエレン、水島希子のミカサはともかくとして、本郷奏太のアルミン、三浦貴大のジャン……これが映画をぶち壊しにしてましたなぁ……。あっ、2人の俳優としての力量に問題があるのではなく、原作の持つイメージへの冒瀆……とでも申しましょうか……まったく、どっからどうみても日本人の彼らが、「ジャン!」だの「アルミンっ!」だのと呼び合ってる様は、なんだか、カネと手間暇かけた大規模な学芸会みたいで……
 
巨人が現れて人を食う。人類は壁を作ってその中で生き延びている……。その設定世界を生かし、どうせマンガとは別物の映画作品に仕立てたんだから、それならばいっそ、登場人物の名前も変えて欲しかった。そうすれば、変に脳内変換を必要とせず、映画版の作り出す世界を、「別モノ」として楽しむことが出来ただろうに……
 
同じような違和感と残念感が、この「ガッチャマン」にはありましたねぇ。松坂桃李の健や、綾野剛のジョージ……まあ、渋くて一生懸命演じているんですけどね……
 
元々(原作、あるいは初代)の持ってるイメージをリスペクトしつつ、元々以上のモノを作り上げる……実写化、リメイク……なんにしろ、相当、難しいと思いますね。「シン・ゴジラ」ぐらいじゃないですかね?それに成功したのって
 
さぁ、きょうは「1日」です。映画が安いよ~
 
#ガッチャマン
#実写版
#科学忍者隊
#科学忍法火の鳥
#進撃の巨人
#AttackOnTitan
#シンゴジラ
#1日は映画が安い
#GATCHAMAN

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト