注目の投稿

映画「STAR WARS スカイウォーカーの夜明け」

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

STAR WARS:Rise of Skywalker=☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆

言わずと知れたSTAR WARSの最新作にして、Skywalker編の最終話、エピソード9です、たぶん(←ホント、どこまでスピンオフするかわからんからなー)。いろいろご意見のあるep.9ですが、アタクシ的には十分楽しめましたので、☆5つあげちゃってます
 
大海人皇子だって?
 
いいんですよ。20年近くも楽しませてもらった(あるときは呆れたり、落胆したり、怒ったり……)SWなんですから。しかも、当初想像していたよりも遥かに出来がよく、コレまでの謎やモヤモヤがちゃ~~~んと解消した!やられたーー!面白かったーーー!
 
今回の三部作は、レイのルーツ探しのようでもあるのですが、実は……だったとは!これは予想してなかったなー。どうりでカイロ・レン(ベン・ソロ)に匹敵するフォースの使い手だったわけだわ。それにしても、レイアがジェダイの訓練をしてたとは!まあ、ルークとは双子で、アナキンの娘ですから、そりゃ、鍛えればフォースも半端ないんでしょう。まあ、これまでにもフォースを使っていろんなこと(ep.8では艦橋ごと吹っ飛ばされたが魔女のように戻ってきたしね……)やってますからね~
 
まあ、しかしながら、しみじみと感じたのはSW9部作は、まさに「スカイウォーカー家」のファミリーヒストリーだった、ってことですなぁ。少年アナキンがダースヴェーダーとなり(ep.1~3)、息子が外道となった父親を改心させ(ep.4~6)、孫は新たな希望のために改心する(ep.7~9)
……ともすれば、「最後に愛は勝つ」みたいな、極めて説教臭い展開ではありますが、どうしてどうして。今回の「Rise of Skywalker」は、これまでのep.1~3や、ep.7~8に見られたような、意味不明な、「これ、ここまで描く必要あるのか?」的なエピソードの挿入も少なく、物語の進み具合にスピード感やスリルがあり、ep.5「帝国の逆襲」並みに、飽きさせない内容だったと思いますね

STAR WARSのシリーズは、元々、他のSF映画……例えば、STAR TREKのシリーズなんかに比べても、まさにアメリカ人が大好きなレベルの「スペース・オペラ」であり、それこそ「設定も考証もなんにもな~~~い」ってぐらいの場当たり的展開ですから、ストーリーや設定の整合性など、余り細かいことをぐだぐだ言ってては、そもそもいかんものなのですよ
アタマを空っぽにして、最終的には勧善懲悪・ハッピーエンドを楽しむ。このココロが大事なんです、STAR WARSは(笑)ましてや今やディズニー傘下ですぜ(爆)おもちゃメーカーのバンダイがメインスポンサーとなってるガンダムシリーズほどではないにしろ、毎回の「新キャラ」の登場(……とキャラクターグッズの製品化)は宿命付けられており、そういうヤツが出てくれば出てくるだけ、そいつにまつわる解説ストーリーも必要になるわけですわ。で、本編が妙に饒舌多弁になり、尺に納めるために次々と場面が変わって落ち着きがない……これまで、どれだけ多くのep.がこのループに入り込んだことか
 
そんな意味でも今回のep.9は比較的シンプルで、めまぐるしく場面が変わることもなく、どっぷりと「ファン的には結構ツボなシーン」を堪能することが出来た、と思いますぜ

まあ、だからこその星5つなのでありますけどね

#STARWARS
#Skywalker
#riseofskywalker
#episode9
#bandai
#機動戦士ガンダム
#Gundam



 

 

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」