注目の投稿

映画「劇場版 コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~」

劇場版 コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~ ☆☆☆☆/☆☆☆☆☆

人気テレビシリーズの映画版ですね。2018年の公開です

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming. 
Spoiler Alert!

山Pこと山下智久演じる藍沢耕作、がっきーこと新垣結衣が演じる白石恵、戸田恵梨香の緋山美帆子、浅利陽介の藤川一男と4人の救命医と、比嘉愛未が演じる看護師の冴島はるかの5人が、翔陽大学付属北部病院の救命救急センターを舞台に、とんでもない状況に陥った患者への切った貼ったや、患者や家族などの人間関係など、様々な試練にぶつかりながら、医療従事者としてだけでなく、人間としても大きく成長していく……ってな話です
 
テレビシリーズはSeason-Ⅰが2008年7月~9月の放送で、特番が2009年1月、Ⅱが2010年1月~3月、Ⅲが2017年7月~9月と、足掛け10年も続きました。主人公たちもぺーぺーの救急医から、中堅・ベテランの域にまで成長し、後輩も出来て、仕事ぶりはまさに脂ののった状態。映画版は、いろんな意味での「集大成」だともいえるでしょう

テレビ版は放送当初から見ていたわけではないのですが……と、言うのも、実は一時期、家にテレビがない、ということがありまして……笑

もともと、テレビがどうしても必要、という人じゃないんで、生活の中にテレビがなくても困らないんですな。なので、テレビ版もSeason-Ⅲを前にあったネットでの一気放送で見て、そこでハマったという……まあ、結構、「にわか」です

しかしながら、ドラマ自体は思った以上に「ツボ」でしたね~。マジで、救命救急医になりたいっ!外科医になりたいっ!と思ったぐらいでした(爆)なので、映画版が出来ると聞いて、それはもう、大いに期待してましたよ。……の割には、仕事の都合もコレ有りで、実際に映画館に行けたのは、公開から1カ月も過ぎてからでしたけどね(爆)ロングランで良かったー。さすがジャニーズ主演作

さてさて映画版ですが、こちらでも、当然のように、テレビシリーズ同様の様々な「緊急救命」が展開されます

主人公たちに絡んでくる他の医師たちや看護師たちの個性的なキャラもテレビの流れを組んでそのままで、テレビシリーズを見ていた人なら、より深くドラマの展開を楽しめたことでしょう

しかしながらこの「コード・ブルー」、テレビシリーズで既に「工場の大規模爆発」から「列車の脱線事故」、「地下トンネルの崩落」「山岳遭難」「トンネル内の多重衝突事故」「飛行機の不時着事故」……とまあ、ありとあらゆる「救命」の現場が体験済みでありまして、残る未経験の現場は、日本国内で発生するかもしれないものとしては、「大規模テロ」とか「内戦」ぐらいなのではないか、というほどです

そんなワケで、このドラマで描かれる現代ニッポンは、まぁ、危険と隣り合わせ過ぎるほどでありまして、冷静に考えてみると、我々は、どんだけ危険な国に住んでるというんだ???と呆れるほどです

それだけに、この劇場版「コード・ブルー」、肝心の後半の部分の山場である「フェリーが海ほたるに衝突した……」という場面も、驚きには至りませんでしたねぇ、残念ながら(笑)

まさに、「ふ~~~ん、そんなのが発生したか!」

むしろ、「この状況は、今までで一番あり得ねぇだろ~~~」と逆に冷静になってしまう……という(笑)。これも仕方ないのかなー、って感じでしたね。とにかく、テレビ版での現場が多彩過ぎた(笑)まあ、製作者たちもまさか劇場版まで辿り着くとは思ってなかっただろうしねぇ

そんなわけで、テレビ版で究極状況をやり過ぎた弊害は、映画のスケール感にも、モロに影響しましたね。映画を映画館のでっかいスクリーンで観るのは、やはり格別ではありますが、同時にまぁ、映画の出来次第によっては、「別段、このスケールなら、映画館でなくてもいいかな~~」というのはよくある話

テレビ版でのスケールがデカ過ぎてた分だけ、今回の劇場版では「物足りなさ」を感じました。映画館のスクリーンという大きな画面を使ってドラマを展開させるのだから、もっと派手、というか、ナンというか……。首都圏全体を陥没させるぐらいのスケール感が欲しかったですなぁ

もちろん、だからといって、作品自体が色あせて、チープに見える、なんてことはなかったですよ。アタクシが、「まあ、これは、映画にしなくてもよかったかなー」などと思えてしまったのは、テレビ版にハマり込んでこれまで5回も6回も繰り返し々見てしまったから……ということにしておいてください

まあ、面白かったですよ

#CodeBlue
#コードブルー
#山下智久
#ジャニーズ
#山P
#がっきー
#新垣結衣
#戸田恵梨香
#救命救急
#救命救急センター
#ドクターヘリ
#翔北ドクターヘリ
#トリアージ

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」