注目の投稿

映画「サムライマラソン」

サムライマラソン ☆/☆☆☆☆☆

なんでも江戸時代末期に実際にあった「安政遠足(あんせいとおあし)」を題材にした小説「幕末まらそん侍」がベースとなった映画のようです。公開は2019年2月ですね

「安政遠足」というのは、江戸時代も末期に近づく1855年(安政2年)に、当時の上野国(こうずけのくに)安中藩主・板倉勝明が、藩士の鍛錬を目的に、総勢96人を、安中城(現在の群馬県安中市安中)から、碓氷峠の熊野権現神社までの間、約30キロを走らせた、というもので、「日本におけるマラソン競技の元祖」とされ、安中城趾には「日本マラソン発祥の地」という碑まであるんだとか

This blog has written in Japanese almost all topics. 
I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga.
So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy. 
Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

この「安政遠足」、現代風に申すなら、距離的には30キロとまあ、本家のマラソンレースに比べ7割程度と短いですが、なんと、その標高差は、スタート地点とゴール地点では1000メートルもあるそうで、「マラソン」というよりは「登山レース」って感じですので、そりゃまあ、結構、大変なレースだったんでしょうねぇ

映画の中でも、みなさん、一応「武士」ですから、「刀」を最低でも一振りは抱えて行くわけで、それだけでも1.5キロぐらいの重しになりますし、こいつがまあ、長い物だから、携えて走るにしても、かなりバランスが悪い……。足元だって草鞋ですわなぁ……

そういうわけで、上司(この映画では殿様ですが)の思い付きで、部下が過酷なレースに放り込まれる……というのは、今も昔も同じ、ってことですねぇ。やれやれです

ちなみにwikiによると、1975年からは「安政遠足 侍マラソン」として、毎年5月の第2日曜日にレースが行われているそうで。参加者の半数が仮装して走る、という「ゆる~~い」もののようですね

さて、この映画、主演は佐藤健で、結構、いろいろな役者が勢揃いの作品となっています。が、すみません。あまりにつまらなくて、最後まで見ていませんので、全体的な評価はできません(笑)竹中直人が、毎度のようにウザいし(爆)

最初の方からかなり苦痛だったのですが、それでも、どうにかこうにか、半分までは何とか我慢して見ましたが、もう、「どう考えても、この作品を観るために、これ以上の時間を費やすのは人生の無駄遣いだ」としか思えず、途中でやめました

今後、もし、仮の話として、どうしようもなく暇で、この作品を観るしか時間が潰せない……という状況に陥ったのだとしたら……アタクシ、今度は寝ますわ

それでも……、一応はロケ地が、近所といえば近所の鶴岡市の山の中……正確にはほとんど月山の山の中、って言ってもいい場所にある「庄内映画村」(スタジオセディック庄内オープンスタジオ)だったので、がんばって観てたんですよ、アタクシ

実は、ちょうど、この映画のロケ直後に、アタクシに遠方からの来客があり、そのお客の希望もあって、かの地を訪問したことがあったのですな。その時は、この作品名や出演者に関する情報は「極秘」とされていて、誰が出演した、どんな映画かはわからなかったものの、撮影で使われたセットはまだそこに残った状態だったのですな。そんなこともあり、画面を見ていると、場面場面で、「お~~~、あそこかーー」「あ~~アレかーー」「へ~~~、こんな風に撮ったんだ~~~」などと思うところはあったのですが……

すみません。面白くなかった……。久々の途中断念です

というか、このブログの記事同様に、どんなに、この作品が持っているであろう「美徳」を見いだそうとしても、残念ながら、ついぞ見つけられず、その結果、がんばってまで見続けようという気にならなかった、というか……。こんな思いは「ガッチャマン」以来です

まあ、アタクシにとって唯一の救いは、この作品を「映画館で見なかったこと」ですわ

人生は短い
この本を読めば
あの本は読めないのだ

ということですね
「ダメだ、こりゃ!」と思ったら、拘泥せずに、スパッと切り捨てて次へ向かう……それこそが限りある人生を有効に使う方策だと思いますよ。今回ばかりは、さすがに、「やる(見続ける)理由」ではなく、「やらない理由」を優先しましたね

そうは言っても、日頃は、なるだけ「やる理由」を考えるようにしているのですよ(笑)何故ならば、「○○だからダメだ」「××だから出来ない」……などと、「やらない理由」は、いつだって1000でも2000でも挙げられる・出てくるモンですからね。なので、どうせエネルギーを使うのなら、自分の尻を叩く意味でも、積極的に「やる理由」を考えようと……。いつもはそう考えてます

でも、今回ばかりは、ちょっと……無理でした(笑)

なるほど、どんなことでも、一度は「選択してしまった」「選んでしまった」ということもあるでしょう。それは、結果として「事実」で、「過去の決定」として、それこそ確かに存在し、残ってはいますが……過去は過去です。時間は戻せないし、死んだ人も生き返らない。なのだから、その「やってしまったこと」についての「善悪」やら「是非」やらをいつまでも、時間を遡ってまで考え続けるのは、そりゃ、明らかに時間の無駄でしょ?……アタクシはそう考えます

そもそも論で恐縮ですが、この問題、何故ならば……

「人間は間違う生き物だから」です

人間は必ず「間違う」生き物なんですよ。人間という不確実なファクターの多すぎる生物に対し無謬性を求めること自体が間違っている。人は、人間社会は、「間違うもんだ」を前提に考えないとイカンのですよ。飛行機は飛ばすことよりも、落とすことの方が簡単なんですな。だから、飛ばす側・つまり人間に多少のミスがあっても、そう簡単にはぶっ壊れたり落ちたりしないようにして設計され、作られる

フェィルセーフの思想ってヤツですね

「認めたくないものだな。自分自身の若さ故の過ちというものを」
 =シャア・アズナブル、ジオン公国軍少佐

そんなわけで、若かろうが年をとっていようが、人は間違うものだし、失敗するものなのだから、「自分は間違った」「間違ってしまった」ということは素直に認めて、次に進もうじゃないか……なぁ、シャア少佐(←まぁ、シャアは、その自信故か、その後もいろいろ間違い続けますけどね……)

そんなわけで、繰り返しになって恐縮ですが、この映画を選んだのは失敗だと思えるので、最後まで観ませんでした。はい

#サムライマラソン
#佐藤健
#庄内映画村
#シャアアズナブル
#シャア少佐
#ジオン
#ジオン公国
#人間は間違う生き物
#次だ次
#映画は映画館で
#駄作は駄作
#安中榛名
#マラソン発祥の地
#安政遠足
#機動戦士ガンダム
#ファーストガンダム
#フェイルセーフ
#航空機事故
#マーフィーの法則

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」