注目の投稿

滝とマイナスイオン

みなさーーーん、暑いですか~~~~?

山形県庄内地方、酒田はそないに暑くないですよーー
はっきり言って雨ばっかです

もう秋の長雨か??

それはさておき、このブログに来たみなさんが少しでも涼めるよう
涼しげな動画をUPすることにしました
まあ、人気の観光スポットでもある場所ばっかですがね

This blog has written in Japanese almost all topics. 
I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga.
So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy. 
Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

ここんとこの雨続きのせいで、滝の流れは妙に豪快です(笑)

↓こちらは鳥海山南麓、標高500㍍付近にある二ノ滝です

豪快に流れてますますね~~
水量が多いせいでしょうか、水煙も半端ない
風に乗ってしぶきがめちゃくちゃ飛んできます
まさに「自然のマイナスイオン」浴びまくりです
どうせなので深呼吸でもして、肺の隅々まで活性化させ
手足にすり込んで
2~3カ月分、まとめて浴びちゃいましょう

同様に
この「二ノ滝」の手前にある「一ノ滝」もこんな感じです
どうですか?
少しは涼しい気持ちになれますかね?
気分だけでもクールダウン出来ますか?

こちら↓は秋田県にかほ市にある元滝伏流水です
結構、おすすめですよ~
↑の一ノ滝、二ノ滝に比べるとアクセスのしやすさも魅力ですね

滝といえば、よく聞くのが「マイナスイオン」効果ですが……
細胞活性化にいいとか、ドライヤーを使うと髪がさらさらになるとか
いろいろ言われてますね、この「マイナスイオン」

そもそも「マイナスイオン」って何?

「マイナスイオン」というのは、どうやら「日本語」のようでして
科学的に「コレ」という定義はない
まあ、簡単に言うと「科学的ではないもの」のようですね

マイナスイオンがあるのだから、当然のようにプラスイオンもある
しかしながら、いずれも、科学的に「アレ」や「コレ」をさすものではない!

ので

まあ、要するに言葉の持つ「イメージ・雰囲気」のことのようです
(↑鳥海山南麓、山形県遊佐町の胴腹滝)
ちなみに、イオンってのは、科学的にはこないに定義されるようです

原子や分子が過剰な電子を持つ状態=陽イオン
原子や分子が電子を失って電荷を帯びた状態=陰イオン

プラズマは大気がイオン化したものだそうです

日本では2000年ごろにこの科学的にはナンの実体もない
「マイナスイオン」なるものがブームになって
それこそ、ドライヤーなどの家電製品がやたらと
「マイナスイオンを発生させる」などと標榜した時期がありました
家電製品に留まらず、化粧品やらアクセサリー商品やら
ありとあらゆるもので、この「マイナスイオン」効果がうたわれましたね

髪がさらさらから疲労回復、病気の治癒、血圧の降下……とか何とか

様々な効能が記事化され喧伝されましたが
そういうわけで、元々の実体がない、正体のはっきりしないものですので
効果は「気分」の範囲内です

「ほめた水は腐らず、罵声を浴びせ続けた水は腐った」
な~~んてのと同じ、科学的根拠ゼロのお話なんです

とはいえ、過剰なまでのブームになったので
エンタメではなく、まともな科学者たちがちゃんと研究し
「効果はわからない」=つまり、「効果ナシ!」と散々報告し
当然のように新聞記事にもなったし
テレビのニュースでも、情報番組でも取り上げました
その結果、大手メーカーなどでは新商品に
「マイナスイオン」効果を付帯することはなくなりましたが……
いまだに、Amazonでも48件の商品がヒットしてますように
世の中には「マイナスイオン」を標榜するモノがまだまだあふれています

事ほど左様に、なんでもそうですが、
一度世の中に広まると、それを「否定する」ってのは大変ってことですね

まあ、上記の科学者たちの見地にしても
「効果はわからない」としているわけですが
この手の「科学的問題」を「日本語の問題」に置き換えて解釈しちゃう人がいる
つまり
「効果はわからない」=科学的には「効果ナシ」の意なんですが……

「効果はわからない」=日本語的には「あるともないとも言えない」

「あることを否定はしていない」→「あってもおかしくない」→「ある」
と論理がワープしてしまうのですな

人は「よりわかりやすいもの」をわかり
「自分が信じたいもの」を信じます

そして、例え間違いや誤解であっても
最初にアタマにインプットされたエピソードや情報は
そのテーマにおける思考の「原点」やら「基準」となって
それをベースに「真偽」やら「善悪」やら「軽重」やらを判断していきます
(↑元滝伏流水)

無意識のうちに、自分で、自分の中に作り上げたストーリー
そのストーリーとの整合性が取れていれば
端から見れば明らかな間違いであったとしても、本人的には大正解

「思ってた通りだ!」……なんてなるわけですな

「マイナスイオンのドライヤーを使えば髪がさらさらになる」
そんな非科学的な話も、本人がそう納得しちゃえば
「いやいや、マイナスイオンなんてないから。ドライヤー、効果ないから!」
と周囲が言ったところで、本人にとっては自分の「成功体験」を否定する
野暮って話なわけですよ

しかしながら、現実社会では、「野暮だな」で済めばまだマシな方で
終いには「オレを陥れようとしている」だの「騙そうとしている」だの
やたら別の宇宙へ思索を広めてしまう人もいる

こうなるともう手がつけられなくなるのは目に見えているので、みんな
「ま、本人がそれで幸せならいいんじゃねーの?」
と、関わり合いを避ける……これもまた、人の生き方であります

しかしながら、ある意味、この手の他者への「達観」こそが
似非科学やら怪しい宗教やらを「思想の自由」の名の下に
結果、野放しにしてしまう「土壌」となっているのでしょうね




と、まあ、話がだいぶ暑苦しくなってしまい
今回の話題の本質からかなりずれてしまったので……

最上川でも下って、すべてを綺麗に流してしまうとしましょうか(笑)
まあ、つまらん議論なんぞは、いくらでも水に流しちまって結構ですが

固形物を河川に流しちゃダメよ。特にプラスチック類!
川は海への入り口なんだし
海が汚れてしまえば、「マイナスイオン」どころでなく
人類は生きるすべを失うのだよ


#イオン
#マイナスイオン
#似非科学
#ニセ科学
#滝巡り
#伏流水
#鳥海山
#一ノ滝
#二ノ滝
#元滝伏流水
#胴腹滝
#山形
#最上川
#舟下り
#船頭
#松尾芭蕉
#最上川舟唄
#マイクロプラスチック
#海洋汚染
#海ゴミの8割は街から

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」