注目の投稿

徒然なるマンマミ~ア……勝手に「人生相談」/電話魔の友人を効果的に遠ざける7つの方法

【相談者・70代・女性】
同世代の知人女性が1日2度3度電話を掛けてきて困っています。内容は出かけた先や近所での出来事、子どもや孫の話など。1時間ほど次から次へと話をつなげるため、電話を切るタイミングがありません。そのくせ話は同じ内容の繰り返しでうんざりします。長電話を除けば、明るく活発でうらやましいぐらいの人ですが、いまは遠ざけたい気持ちです。時々、出かけた先のお土産を持って来られるのも煩わしいです。同じ地域に住み、昔からの顔なじみですが、スーパーで一言交わすぐらいの仲になりたいです。彼女は、話を聞いてくれてうれしいと言うものの、何度も同じ話や人の悪口を聞かされる私は疲れてしまいます。つかず離れずの友人は数人いるので、それで十分なのです。彼女を傷つけずに遠ざけることは出来ませんか。恨まれてもいいので、効果的な方法を教えてください
【回答例】
一番簡単、比較的手間のかからない方から順に行きますと、以下に書いた通りで、まあこんな感じです。しかし、大体の電話機には、切るスイッチや、着信拒否などの機能もあるんで、それを使えばいいだけだとは思うですけどねぇ……。大体の人間関係で言えることですが、全くの軋轢なしで、相手からの「侵害」を排除することは出来ませんよ、はい

相手に嫌われることなく、ナンとか穏便に……なんて方法はありません。そもそも「相手にとって迷惑だったかも?」なんてことにちゃんと想像力が及んでいる人は、どんなに状況が切羽詰まっても、あなたが受けているような迷惑電話をかけてきたりはしないものですから。相手が自分並みの「常識」やら「感覚」やらを持っている……と思うのは、だいたい、間違いの始まりです

自分と他人は違う生き物です。だから、わかり合えないのが「当たり前」です。「こっちが日々迷惑だと思っているんだから、少しは向こうも遠慮してくれるだろう……」。はい、その大前提が間違ってます

人は言わなきゃわからないし、言われなきゃわかりません。自分がストレスを貯めて「いい人」を演じてても、相手は「都合のいい人」ぐらいにしか思ってませんよ

そんなワケで、とりあえう7つの方法です

①とにかく電話にでない
受電しているのは携帯ですか?それとも家の固定電話?番号は表示されてますか?まあ、表示されているなら、彼女からの番号には出ない。これに限ります。そうすると「もしかして、倒れてるんでは?」とかと押しかけてくるような人ですかね?まあ、そうしたら仕方ないから「会えば」いいでしょう。その代わり、電話には一切出ない。電話に出ない→押しかける→また電話に出ない→おしかける、を10回も繰り返せば、向こうもさすがに気づくでしょ。10回ぐらい繰り返した後で、「毎度の電話が内容のない長電話で迷惑だ」と言えば、相手も納得するでしょう。まあ、たまに「内容のある電話ならいいのか?」と穿った解釈をする輩も世の中にはいますから要注意ですがw

②留守電にしておく
これも比較的簡単なわりに効果的だと思いますよ。とにかく留守電。もちろん、残されたメッセージはその都度消去。まさか留守電メッセージでまで、長々と1人でしゃべったりはしないでしょ。常に留守電モードにしておいて、彼女以外はすぐに出ればいいんです。もし、彼女に「なんで最近、留守電モードなの?」と聞かれたら、「迷惑電話が多くてね」とでも言っておけばいいです。「どんな迷惑電話?」とか聞かれても、こまごま言う必要はないですよ。「いろんな迷惑な電話、ね」だけにしておきましょ。もし、それでも、しつこく質問してきたら、「それを聞いてどうするの?」と聞けば、大体の人は、それ以上、追及してこないハズです

③「別の電話が入った」と切る
不幸にして電話に出てしまった場合は、「あ、ごめん、他の電話だ」と言って切る作戦です。日頃の迷惑電話の受電が固定電話なら、相手にも聞こえるように携帯電話のアラームでも着信音でも鳴らして、「ごめん、携帯に電話だ」とお暇する。自分ちのピンポンを鳴らして、「誰か来たみたい」でもいいですね。まあ、どんなに最近の電話の性能が良くなったとしても、実際にそこまで「外の音」は拾われていないから、この対応はダミー・フェイクでも充分なんですけどね

④時間制限をする
会話は最初の3分までにする……のように、時間を決める、ということです。はっきりいって、3分も付き合えば充分でしょ?相手は小一時間でも話を聞いてくれると思っているから、何度も、何回も掛けてくるわけですので、電話が始まって3分もしたら、③で紹介した手段でも、あるいは「鍋を火に掛けてるから」でも、何でもいいですから、とにかくすぐ電話を切るようにする……ってことです。長電話が出来ない……要するに、あなたは「長電話の相手(対象)にはならない」という状況を、相手側に、明確に示すことですね。どんな時でも「聞いてくれる」と思われているから、何度も何度もかかってくるわけです。あなたが、向こうの言いなりの長電話には「付き合わない人だ」と思ったら、向こうは、自分の長電話欲求を満たすために、いずれ、だれか、別の人を探すでしょうから

同様に、最初に「きょうは○分しか時間が無い」と断りを入れるのも手かもしれません。電話を受けたら、「ごめん、きょうはあんまり時間が無い。5分ぐらいしかないんだ」と言って話始め、時間が来たら「じゃあ、ね」で切る。「5分ぐらい」と言ってて3分ぐらいで切るのがコツです。「あまり時間が無い」の理由については話す必要はありません。「どうして?」と聞かれたら、「いろいろね」などと曖昧にしておきましょう。あなたが、どこで、何をしようが、彼女の知ったことではありません。とにかく、余計な個人情報は与えないに限ります。どんな鍋を火にかけているか、なんて話は、彼女には関係のないことなんです。余計なことは、言わない・教えない。コレ、大事です

⑤話を断ち切る
これは、相手の話がころころ変わるにしても、不快な話とか聞きたくない噂話とかになったら、「ごめん、私、そういう話、嫌いなんだわ。じゃあね」と言って電話を切る、という一種の強硬策です。そもそも論で恐縮ですが、「聞きたくない話」を聞いてやる義理なんてないわけですから、聞きたくない話は、「ソレ興味ないわ。じゃあね」、あるいは、「その話、こないだも聞いたわ」と言って一方的に切る。あるいは「そういう言い方、いやだなぁ。ごめんね、聞きたくないわ」とか言って切るのもいいかも、ですね。ポイントは「私は不快である」ということを相手に知らしめることです。そして、「不快な状況になると、相手は電話をすぐ切るヤツだ」と思わせることです。相手が、誰かの悪口を言い続けるということは、あなたが共犯関係にある、ということです。つまりは、朱に交わってる、ってことですね。だからこその、私は、あなたと共犯関係にはない、ということを示す、そのための手段としての「会話の切断」です

⑥事情を説明し「迷惑だ」と伝える
実は一番簡単で手っ取り早い手段だとは思うのですが……。電話がかかってきた時に、おもむろに「私にとって、あなたからの毎度毎度の電話は迷惑だ」ということを伝えるのです。「毎回毎回、同じ話や誰かの悪口、噂話。それが一日に2回も3回も。時給をもらっているわけではないが、如何にも時間の無駄であり、うんざりしている」と伝えることです。「どうしても話を聞いて欲しいなら、有料にする」と逆提案するのもいいかもしれませんね。相手があなたの時間を無駄に奪っているのは間違いないので、「悪いけど、私は、お話相手ボランティアではない。私と話がしたいのなら、それなりの対価を払って欲しい」と求めてみましょうよ。「有料化」は、苦痛に見合った収入が得られる、という意味でもいいかもしれませんし、相手のお金(課金)という足かせをはめることにもなるでしょうから。「それでもあなたと長電話がしたい」と言われたら、もう、腹括って、5秒辺り5000円ぐらいの値段設定にしましょう

⑦メール(文章)にする
難聴になった、でも何でも理由はいいですが、彼女にはメールとかLINEでのみ応対する、というのはどうでしょう?彼女も文章化すれば、いかに、自分が実のないことを話して、他人の時間を奪って不快にしているか気づくことでしょう。口頭で、消えてなくなると思えばこそ、他人の悪口も繰り返し繰り返し、平気で出来るものです。文書化すれば、なかなかそうはいかないでしょう。テキストを打つとなれば、彼女にとっても「脳のトレーニング、指先のトレーニング」となって、「会話を楽しむ」だけでなく、活力ある日々の生活にも結びつけられる……とかナンとか理由をつけて、文章のみでの会話にしましょう

如何ですか?「彼女を傷つけず遠ざける方法」なんてのは、基本的にないんですよ。そもそも、彼女が「どういう対応だと傷つくのか」さえわからないでしょ?それはつまり、「自分が悪人になりたくない」ということの表れだと思いますが……よく考えてください。迷惑しているのは、彼女じゃなくて、あなたなんですよ

「彼女を傷つけずに遠ざける方法」なんて、他人の心配も悪くはありませんが、まずは、一番迷惑を被っている「自分」を大事にしましょうよ

本当の友達なら、どんなにキツい対応をしたって、永遠の別れになんぞはなりませんぜ。友人は十分居る、というなら、1人ぐらい去ってもらっても、別に困らないでしょ?

だれかに「いい顔」をするために、自分の顔を歪めてたんじゃあ、本末転倒も甚だしいですよ



(※今回も元々の相談は読売新聞からの拝借です)


※各種人生相談、承ります
いろんな悩みがある方
あっしの意見を聴いてみませんか?
DM・コメント、お待ちしております


↓こないなのに参加中だす
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
ポチっとしてもらえると
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
なにげに喜びます


コメント

このブログの人気の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

映画「武士の一分」

映画「新聞記者」