注目の投稿

徒然なるマンマミ~ア……勝手に「人生相談」/親離れと子離れの離ればなれ

【相談者・50代・女性】
 大学を出た長男が今月、社会人となり、会社の寮に入るため家を出て行きました。私は心にぽっかりと穴が開いたようで、寂しくてどうしようもありません。胸が苦しくて急に涙が出ます。家には大学生の娘がいますが、それでも寂しいのです。大好きが恋人が突然自分の前からいなくなった気分。主人や娘、もちろん息子の前でも寂しいなんて言えません。1人で悶々としているのです。私は一人っ子で、早くに父を亡くし、母1人で育てられました。家を出て東京で就職したかったのですが、許されませんでした。だから、子供たちには広い世界へと羽ばたいて欲しいと思って子育てしてきたのに、息子が巣立ったとたん、寂しくて仕方ないないんて。どなたか、情けない母親にしっかりしろっ!と言ってください。
【回答例】
まあ、いいじゃないですか。寂しくなったって。心にぽっかり穴が開いたって。大学を出て社会人になった、ということは、最低でも22年間、一緒だったわけでしょ。お腹の中に居た時も含めれば23年間近いですよね?

いままでずっと一緒に暮らしていた長男が居なくなったわけですから、それは誰でも大なり小なりの喪失感は感じるものです

長男とは、仲もよかったのでしょうね。それこそ、お腹の中に居る時から一緒だったわけで、今までは近くに居るのが当たり前だった……そんな23年間だった。

天使のようだった赤ちゃんが、幼児になり、子どもになり、少年になり、青年になり、そして社会人となり実家からは巣立って行った。ずっと世話をしてきたわけです。お疲れ様でした。「居るはずの場所に居ない」のだから、喪失感があったっていいでしょうよ。別に、だれも困りませんよ

ワタクシ事ですが、うちの親なんて「昔は天使のようだったのに、いまじゃペテン師だ」なんて毒づいてますよ。そんな親も居るんですw

そして、大体のことは時間が解決してくれます

長男がいない寂しさだって、ある程度の時間が過ぎたら、おそらく、昨日よりはきょうの方が「寂しさが募る」なんてことにはならないと思いますよ。お隠れになったわけじゃないんだし。子どもは大人になっていくものだし、大人になれば「巣立っていく」ものですから。無職で、いつまでも実家でゴロゴロと「ニート」や「引き籠もり」になるよりは何十倍もよかった結果じゃないですか?

子どもを大事にして、教育に力を入れれば入れるほど、子どもは親元から離れていく……これはなかなかに悩ましいジレンマですね~

かといって、じゃあ、手間もかけず、愛情も注がず、何があったも「自己責任」と放置しておいた方がいいのか?

そうではないですよね?最近は「親ガチャ」なんても言われますが、親は子どもを、ある意味「選べます」。PL法ではありませんが、「製造者責任」があるのです。子どもは「勝手に出来た」り、「知らない間に生まれた」りはしません。必ず「原因」があって、結果としての子どもが存在するのですから

ましてや、社会人になるまで、しっかりと育てあげたのでしょ?だから、十分ですよ。お疲れ様でした。あなたがたっぷりと愛情を注いだ息子・長男さんは、例え今回、家を出て行ったからといって、親子の縁を一方的に切ることもなければ、あなたを意味も無く邪険にすることもない、と断言してもいいですよ

他人は自分を写す鏡……と言いますが、子どもも同じです。もちろん、子ども側の個性や後天的な能力とかはありますが、親の意向を深く、濃く受け継ぐのが子どもです。だから、大丈夫w笑顔で送り出しましょう。そして、帰ってきた時、戻ってきた時は、それまでの分を一気に映すぐらいの笑顔で

それに、ほとんどの息子はマザコンです。これは間違いなく、ほぼほぼ世界中で共通する話です。何より、あの「韓国ドラマ」を見ててもわかるでしょ?現代劇だろうが歴史物だろうが、男の主人公は、BMWを転がすアメリカ帰りの副社長だろうが、王朝時代の文武に長けた王様だろうが、判で押したようにマザコンで、だいたいがヒロインとの間で板挟みになって右往左往してますw

次はあなたの息子さんの番ですよ、それw

なので、その時が来るまで、体力と気力、資金力を温存しておきましょうwそして、あなたとヒロインの間で右往左往している息子さんに言うんですよ

私はあなたを信じてる
だから、あなたの選択も信じてる
あなたが選んだ女性(ひと)だから
私のことよりも
彼女を大切にしなさい

どうです?格好いいでしょ?まあ、こんなのではないパターンもいろいろありますが、いずれ、啖呵の一つも切れないようでは、これまで愛情いっぱい育ててきた甲斐がない、ってもんです。がんばりましょうw

(※今回も元々の相談は読売新聞からの拝借です)


※各種人生相談、承ります
いろんな悩みがある方
あっしの意見を聴いてみませんか?
DM・コメント、お待ちしております


↓こないなのに参加中だす
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
ポチっとしてもらえると
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
なにげに喜びます






コメント

このブログの人気の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

映画「武士の一分」

映画「新聞記者」