注目の投稿

映画「レッド・スパロー」/ Red Sparrow

レッド・スパロー ☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆

なんという圧倒的なスリル、なんという圧倒的なサスペンス、アクション。誰が本当の味方で誰が本当の敵か、最後の最後まで気の緩められない、極上のスパイ映画でした。いやぁ~~~~これぞ映画の醍醐味、って感じでしたね~。評価は最高の☆五つです。ぱちぱちぱちぱちぱち!
This blog has written in Japanese almost all topics. 
I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga.
So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy. 
Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

2018年製作のアメリカ映画です。主演はジェニファー・ローレンス、監督はフランシス・ローレンス。同じローレンスですが……別段、家族とか親子とかではないようですね……

ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、美貌と才能をもったロシアのバレリーナでしたが、出演中の舞台でパートナーに左足を骨折させられ、バレリーナとしての道を断念させられます。退院後、政府機関に勤める叔父のワーニャが近づいてきて、事故が仕組まれたことであったことをあかし、ドミニカに復讐させます

さらには、国の支援を受けている母の生活をネタにドミニカを脅し、遂には、母娘ともども消されるか、スパイとして生きて国家に尽くすかを迫ります

ドミニカは母親の生活を守るためスパイになること決意、訓練を受けます。レイプされたり、娼婦のようなことを求められたり、スパイへの訓練はなかなかにハードですがドミニカはクリアし、スパイとして新たな名前やIDを得てウイーンに向かい、CIAのスパイに接触し、ロシア情報部内の二重スパイの名前を聞き出す……という重要任務につきます

まあ、あらすじとしては、よくあるスパイものなんですが、まーまーまー、すごかった。全く先が読めない。最初から最期までドキドキ、ハラハラのしっぱなし。作り全体にうそっぽさが無く……もちろん、話としては1000%ウソなんですけどね。往年の名女優で、アタクシも大ファンのシャーロット・ランプリングがロシアのスパイ学校の教官で出てきたりしますから……ある時はゴージャスで、ある時は繊細で……繰り返しになりますが「娯楽映画」の「醍醐味そのもの」でしたね~

これは「名作」と言ってもいいのではなかろうか?スパイ映画で人気ランキングをするとしたら、上位間違いナシ(←当社比)

それにしても、ジェニファー・ローレンスってのは、あの「ハンガー・ゲーム」の女の子だったんですね~。「ハンガー・ゲーム」、確か,アメリカに行く機内で見たんだよな~(遠い目……。今度海外に旅行出来るのはいつになるやら……)

まだ見てない方には、「是非」とおすすめです。とはいえ、スパイ映画なので、しかも、007なんぞに比べれば、結構ガチなハニートラップ系スパイなので、エロいシーンや結構な暴力シーンも登場するので、そこいらは覚悟しておいてくださいね

この映画の最後(オチ)が途中でわかったら、それはスゴイわ。あたしゃ、全く、想像すら出来なかった。やられたーーーって感じです

#スパイ
#スパイ映画
#ジェニファーローレンス
#JenniferLawrence
#RedSparrow
#レッドスパロー
#シャーロットランプリング
#007
#ロシア
#情報機関
#CIA
#バレリーナ
#バレエ
#ハンガーゲーム
#スリル
#サスペンス
#アクション
#映画
#映画は映画館で

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」