注目の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

イメージ
This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the right side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming.

Q:無関心ではいられるけど、無関係ではいられないコトってな~んだ?
まぁ、いろいろあるとは思うんですけど……
今回の答えは「政治」です

参院選、終わりましたね。投票に行きましたか?全体の投票率が48.80%だったそうで、これは戦後2番目に低い数字だそうです。

変な話ではありますが、国民の半分以上の人は、消費税が10%に上がることに反対もしてなければ、アメリカからポンコツとされならも1機100億円以上もするF35戦闘機を合計で147機も買っちゃって、機体の取得費用だけで1兆7052億円も使うことにOKってことなんでしょうね。ちなみにこれ、維持運用費は別ですからね(笑)ほいでもって、老後の生活についても、2千万円以上の貯金もあるから、年金生活になっても大丈夫……。少なくとも、これらのことに積極的に反対しようとしなかった人(有権者)が半分以上だった、ってことですわ

Twitterに「選挙のことで彼女と喧嘩までした。『わからないものはわからない』。学校で政治や選挙のことなんて教えてられてないから、選挙に行けとか言われると上から目線に聞こえる、と言われた」という投稿があがり話題になってましたね。

おかしいなぁ……義務教育課程を経た人なら、日本の政治の仕組みや選挙制度について習ってない、ってことはあり得ないんだけど。議院内閣制とかもわからないのかな?地方自治体の首長や議員は選挙で選ばれる、ってのも知らないのかな?働いて給料をもらうと税金が引かれてるけど、どうして税金が取られているのかもわからないのかな?

「政治」って、実は単純に、「生活のこと」なんですよ。まあ、一時期、「生活の党」なんてのもありまして、半ばギャグのようにも解釈されてましたが、ある意味、正解な話です(←政…

映画「海月姫」

海月姫=☆☆/☆☆☆☆☆

2014年の作品です。主演は、現在は「のん」となった能年玲奈です。能年玲奈が能年玲奈名で主演した数少ない映画の一つですね。能年玲奈は、ご存じ、NHKの朝の連ドラ「あまちゃん」(2013年4~9月)で大ブレーク。この作品は、その大ブレークを受けてのものになりますね

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker. So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy. Thank you for your coming. 
Spoiler Alert!

昭和……といっても昭和初期風ですが、そんなレトロなアパート「天水館(あまみずかん)」には、オタクな「腐女子」たちが住み、「おしゃれは敵だ」「男はいらない」などとのたまわっています。主人公の倉下月海(能年玲奈)はイラストレーター志望でクラゲオタクのニート。ひょんなことから、女装好きの美青年・鯉淵蔵之介(菅田将輝)と知り合って……

まあ、原作がマンガだけに、話も設定も極めてマンガで、「あまちゃん」で若手美形コメディエンヌとしての地位を確立した能年玲奈の、まあ、いわば「予想通り」の演技は、別段悪くはないのですが=アタクシは能年玲奈・のん、好きですよ~。ファンです、はい、念のため=、特記すべきことも特になく、まあ、この手の、毒にも薬にもならない、ドタバタコメディーが好きな人にはどうぞ、って感じではあるのですが……

この作品の見どころは、むしろ、菅田将輝の凄さにあるんじゃないか、とアタクシは思いますね

菅田将輝……実に芸達者です。女装もすれば、ボクサーにもなる(寺山修司原作「あゝ荒野」主演してますが、これは相当に良かった)。マンガの登場人物からチンピラ、変身ヒーロー、政治家となんでも器用にこなし、しかも上手い!歌も歌え、アイドルから演技派までと、まさに「役所広司(やくどころひろし)」ですわ

端正な中にも特徴のある容貌だとは思うのですが、同時にその気配を消すのも、実に上手ですね。これまたマンガが原作ですが、映画版の「銀魂」では、メガネの志村新八役をやってましたが、最初は、菅田将輝だと気づかなかったですわ(←気付よ、ヲイ!)。本作でも、最初は女装で登場するんですが、これまた、月海の部屋に泊まった蔵之介が、朝にメイクを取ってみせる場面まで、この「女性」が菅田将輝だったとは、まったくわかりませんでしたわ(←気付よ、ヲイ!)

まあ、どちらの作品も、菅田将輝が出演してるとは知らずに見た、ってのもありますけどね(笑)

この映画の中では服を作るシーンも出てきますが、実際の彼も洋服を作るのが趣味なんだとか。実際に服を作っては,誰かプレゼントもしているようです
祖父が仕立屋で、もともと服作りには興味があり、上京してからパタンナーの友人と知り合ってからは、型紙から起こしてミシンでダダダダ~~~っとするようになったんだとか。本人曰く、酒が飲めないので、彼にとってのミシンでダダダは、「みんなが仕事明けにする、ビールでプハーッと同じ」だとか

へ~~、ですね。面白い俳優ですわ。菅田将輝の演技力の一面を知っただけでも、この作品を見た甲斐があった、ってもんですね

ちなみに、オタクな腐女子たちが主人公のドラマと聞いていて、実際に作品を観るまで、この映画のタイトルを

「海鼠(ナマコ)姫」

だと思っていたのはナイショです
「すげータイトルだなー」って、違うから(笑)海月はクラゲ、ナマコは海鼠。この作品を通じて、しっかりと覚えましたよ(笑)

#海月姫
#能年玲奈
#のん
#菅田将輝
#腐女子
#オタク
#ニート
#あまちゃん
#コメディエンヌ
#映画は映画館で
#映画文化の火を消すな
#映画大好き
#新型コロナに負けるな
#クラゲ
#jellyfish
#ナマコ

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト