注目の投稿

マンガ「デブとラブと過ちと!」が面白いっ!

ネットでマンガばかり見ているせいか、やたらマンガサイトの広告ばかりがUPされてます。アルゴリズム、ってヤツですかね?そこでサンプルとしてUPされてたマンガですが、これは面白いっ!と感心しました

This blog has written in Japanese almost all topics. 
I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga.
So please translate this articles by using "Translate" that puts on the left side of this blog page and enjoy. 
Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

主人公の幸田夢子は、冒頭から「自殺未遂」を図ります。「こんなブスでデブな私が美しいあなたを好きになったからバチが当たったんだ……」とか何とかなんですが、とりあえず一命はとりとめます。しかしながら、夢子は頭を強く打った(4階から落ちたらしいですからね)ことから、それまでの記憶をなくしてしまいます

診断は「逆行性健忘症」で、医者は「人格が変わってしまうこともある」と話しますが、どうして、夢子は思いっきりポジティブに人格が変わってしまいます。いままでは「ブス、デブ、醜い根暗……」などとしていた自分の容姿も……

「超かわいい!肌が白くて目が子犬のように潤んでいて……
 あらサクランボ? やだっ、唇だった!まるで眠りから醒めた白雪姫みたい」

と思いっきり1000%増しの全肯定型に大変革。職場に復帰しても、ウルトラポジティブシンキング+自意識過剰状態で、周囲を巻き込みながらガンガンと突き進んでいきます

まあ、ありがちなストーリー展開ではあるのですが、この作品の絵が、特に主人公なんぞ渡辺直美的ではありますが、その「物語の陳腐さ」を感じさせないですね。物語に没頭し、超前向きな主人公・夢子に感情移入し応援する、というよりは、夢子の一挙手一投足に、「人間とはなんぞや?」ということを、深く考えさせられますね……

つまり、人は「何事もポジティブに考えた方がいい」ということですよ

「自殺未遂」前の夢子と、「自殺未遂」後の夢子の違いは、突き詰めて言えば「考え方」だけです。目の前に起こる出来事をどう解釈するか?が違っているってことです

こんなシーンがあります
同僚「そんなに食うからデブなんじゃ……」
夢子「それは違うわ!しっかり食べてるからこのプロポーションを維持出来てるの!」
同僚「幸田さん、ダイエットって知ってる?」
夢子「もちろん知ってるわ。でも私には必要のないものだわ」

デブで悪いって誰が言った?って話ですね。まあ、もちろん、医学的には肥満でない方が健康的で長生きできるかもしれないので、太りすぎていないほうがそれはいいのですけど……自戒をこめて(笑)

他人にどう見えているか、どう見られているかばかりを気にして、自分自身の「良さ」に気づけなくなっている……。現代人に限らず、とかく「同調圧力」の強い日本では、陥りやすい穴ですわなぁ

女子トイレの個室に入っていた夢子は、そこで同僚が夢子のことを……

「記憶喪失ってヤバくない?別人みたいに明るくなったんでしょ?」
「どうせならブスでデブなところが変わればよかったのにね」
などと噂しているのを聞いてしまいますが……

「私のこのボディと顔は神様からの贈り物なの。嫉妬するのはわかるけど、あなたたちにもそれぞれ素晴らしいところがあるはずよ。もっと自信をもって!」
と逆に「励まし」ます

もちろん、このやり取りはマンガ上はギャグとして描かれているのですが、ある意味、これこそ、すべての人ににとってのエールなのではないでしょうか?

美人であるとかブスだとか、JISやJASの国内規格はもちろんISOのような国際規格だってありゃあしませんよ。自分が「デブである」(←これは数値化出来るからね~)と思うのはともかくとして、自分を「ブスである」と思い込むのは、逆の意味での自意識過剰じゃないですか?ってわけですよ。そりゃ、スーパーモデルにはなれないかもしれないけど、それがなに? So what? でしょ。世の中の女性たちが全員スーパーモデル級の容姿だったら、スーパーモデルが失業しちゃうでしょ

男子トイレにはよく掛けられてある額縁じゃないけど……

「自分のことは 自分で決める みつを」

ってヤツですわ。少し「勘違い」なぐらい自分に自信を持つのは、決して悪いことじゃない。そう思いませんか?とりわけ、自分には何一つ光るところがないのでは?などとマイナス思考にとらわれているそこのアナタ!ポジティブで行きましょうぜ

まあ、確かに中には、中身スッカスカなのに、妙に自信満々な「オレ様」的なヤツもいっぱい居ますが、中身スッカスカな上に自信喪失……いや、自信皆無でネガティブな毒ばかりだだ漏れしているヤツよりは、まだ明るい分だけ、「オレ様」の方がマシでしょうよ

青森県の津軽地方の飲み屋に行くと、店の人からよくこんなことを言われます

「気ぃつかわなくていいから、金使って!」

まさにこれですよ(笑)1円にもならない、どっちに向いてるんだかわからない「気遣い」とやらで小さく縮こまって自分の魅力的な部分を自ら削いでいるのだとしたら、いっそのこと、わかりやすく金を景気よく使ってくれた方が世の中の為になる

自分の人生ですから。誰でもない,誰にも真似できない、宇宙で一人だけの自分に自信と誇りを持って、どうせなら笑って生きましょうや

このマンガはそんなことを思わせてくれます。Let's go Positive!

#デブとラブと過ちと
#このマンガが面白い
#渡辺直美
#自殺未遂からの復活
#記憶喪失
#ポジティブシンキング
#自分の事は自分で決める
#笑ってるが勝ち
#それって誰が決めた?
#同調圧力
#同調圧力に負けない
#人は間違う生き物だ
#マンガ
#漫画
#ネットで漫画
#オレ様よりお互い様
#何様にはイカサマ
#デブで悪いか
#健康管理は必要ですよ
#ドタバタコメディ
#明日は別の日
#元気出して行こう
#死ぬなよ
#生きてこそいれば復讐戦の機会もあります
#勝たなくていいから負けるな
#ハッシュタグ多いよ






コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!

映画「武士の一分」