注目の投稿

徒然なるまんまみ~あ……勝手に「人生相談」!の2

またまたやってみました、勝手に人生相談(笑)2回目です。今回も読売新聞さんから拝借しました
徒然なるまんまみーあでその日暮らし、ふぐりに向いてココロにうつりゆくロクでもないことを、底浅く書き綴れば、あやしうヤツこそ、もの欲しグルメ。いにしへ人に曰く、事実は東スポよりも奇なり。人生は糾えるチョコレートボックスの如し、と……
相談者は30代男性。妻と幼い子どもが2人。妻の祖父(95歳)と同居中。相談内容は、妻と祖父が喧嘩ばかりして困る。祖父は健康そのもので身勝手、文句が多く、やることをすべて否定してくる。おまけにあることないこと近所に言いふらし、妻が「同居無理、どちらかが出て行くしかない」。以前、老人ホームに入ったがコロナで出てきた。子どもの前でも怒鳴ってばかりの妻にも幻滅だが婿養子で耐えるしかないのか……【相談内容】=5月14日の読売新聞「人生案内」から抜粋

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga. Please translate this articles by using "Translate" that puts on the left or right side of this blog page.
ENJOY!
Thank you for your coming. 
Spoiler Alert!
【勝手に回答・A案】
何はともあれ、怒号が飛び交う中に生活していくのって大変ですよね。心中お察しします。妻は怒鳴り、祖父からは否定され……ですか。病んでしまいそうですね
相談主さんがどの程度の家庭内権限を持っているかわかりませんが、解決策……必ずしも問題が解決するかどうかはわからないので、「対応策」になるとは思いますが、主さんが出来る対応策は3つですね
一つ目は、「ひらすら貝になって我慢する」。
祖父は95歳、どんなに元気だとしても、あと10年は生きないでしょう。ここまで何年耐えてきたのかは知りませんが、もう少し我慢して見てはいかがでしょう。人間は、ちょっと視点をずらすだけで、見えてくるモノが違ってきます。いろいろと「困ったくん」の祖父も、違った視点でみれば、思いの外いい人かもしれませんし、怒鳴りまくる妻も、それだけ怒鳴ることが出来るというこは、心肺機能も丈夫なわけですし、根気強い性格なのでしょう。そのエネルギッシュさを見習うといいかもしれませんよ……と、こんな具合に、これまでにない視点を身につけることで耐性を上げ、もう何年か我慢してみる、というのも手では?
二つ目は、「家族で家を出る」。
祖父は一度ホームに居たけれども、コロナ禍の影響で家に戻ってきた。おそらく、そこが一つの分岐点で、情にほだされ(……かどうかはわかりませんが)祖父を「受け入れてしまった」結果、祖父は「一度受け入れたのに、また厄介払いをするのか」と強気でいるのでしょう。これは、暴力団相手などの争い事と同じで、一度、ラインを超えることを容認してしまうと、相手は際限なく増長してくる……、というアレと同じです。はっきり言って、恐らく祖父の要求は、際限なく続くでしょうから、ここは一つ、相手との距離を取る……物理的に離れる、ということですね~。「アンタが出て行かないなら、こっちが出て行く!」という啖呵の応酬、とでも申しましょうか?捨ててこそ浮かぶ瀬もある、ってヤツです
三つ目は、「子どもを連れてあなたが家を出る」。
相談主さんは、身勝手な祖父にも呆れてますが、子どもの前でも怒鳴ってばかりの妻にもっとウンザリしているようです。なので、あなたの精神衛生と子どもの健全育成のためにも、「この不毛な諍いに、積極的に関与していない第3局」であるあなたと子供たちが、この不毛な戦場から離れる、というのは決して悪い選択肢ではないと思いますよ。別に籍を抜くとか、法的な対応までしなくたっていいんです。都内でいうなら2~3駅先、田舎でいうなら2~30キロ先の隣の市町村に居を移す……。ガチでバトルを続けたい祖父と孫(←つまり、あなたにとっての「妻」さんですが……)には、相談主さんと子供たちを、物理的にも除いた場所で、好きなだけ、お互いが納得するまで闘っていただく……。これですね
「諍い事が好きな人たち」というのは、それこそ、呼吸をするように喧嘩をします。そのくせ、常に、明確な「落としどころ」『着地点」は有していません。なので、相手をするだけあなたの「時間」と「エネルギー」の浪費です
鶴や亀のように、千年も二千年も生きられるならともかく、おそらく相談主さんも、後、50年は健康で健全に生きられないと思います。限りある人生は有効に有意義に使いましょう。それがあなた自身のためでもあるし、それは回り回って、周囲の人たち、世間一般とも言いますが……そういった人たちの「利益になる」ってもんです。はい
【勝手に回答・B案】
ここは一つ、相談主さんも、その祖父や妻と同じレベル、同等・同質以上の文句を言い続け、祖父や妻のやることなすことを、本気で全否定しては如何でしょう?「目には目を、歯に歯を」です。とかく文句の多い人というのは、自分が他人にどう写っているのかを、きちんと客観視出来ない人が多いです。まあ、だからこそ、恥も外聞もなく、「身勝手」にふるまえるわけですが……。そんな身勝手な姿が、他人にはどう映っているのかを、身をもって見せてやるってわけですよ。いかにアナタは醜い存在であるか!それを知らしめるために、同等・同質のリアクションをしてあげましょう。そしてこれは、一種の「チキンゲーム」です。弱気になった方が負けです。手のひらに「人」の字を書いても書かなくてもいいですが、とにかく、相手からなにから全てを「呑み込んで」、その醜い・醜悪な様を見せつけてやりましょう!大丈夫!今だって、ただ単に「やられっぱなし」なんですから、今さら失うモノなんてありません。気楽にぶっ壊しましょ!

今回の写真はサクランボでジャムを作った時のモノです
収穫したサクランボを洗って半分に切って
腐れてる部分を捨てて……(元々がハネモノなので)
種を取り出して
砂糖をまぶして
煮込んで、アクを取って……
そないな一連の様子です
仕上がりは↓こんな感じ(……って今回の写真じゃないんですけどね、これ)

↓こんなんに参加してます。ポチしていただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 #いきなり人生相談 #勝手に人生相談 #人生相談 #迷える子羊たちよ #人生に迷ったら #相談してね #大した役には立たないかもしれない #萬事相談受け付けます #スケッチ #写真散歩

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

映画「武士の一分」