注目の投稿

映画「シン・ウルトラマン」

シン・ウルトラマン ☆☆☆/☆☆☆☆☆

はい、「シン・ゴジラ」に絡んだ、庵野秀明が企画・脚本、監督の樋口真嗣らが「参加した」、怪獣関連の専門家・円谷プロダクションの「怪獣映画」です。まあ、「シン・○○」のシリーズ最新作、といってもいいかもしれませんw

まあ、良く出来てると思うし、ツッコミ処も満載なんですが……う~~~む、やはり「シン・ゴジラ」ほどのインパクトはないですね~。むしろ、同じような「ノリ」に既視感がありすぎで正直、さほどに楽しくなかったですわ。むしろ「くどいっ!」

そう!この作品を一言で言うなら「既視感」です(笑)

Spoiler Alert!

どこいらが既視感か?といえば……巨大生物を「怪獣」ではなく、「禍威獣(カイジュウ)」と名付け、ウルトラマンといえば「科特隊(科学特捜隊=カトクタイ)」だったのを、「禍特対(禍威獣特設対策室=カトクタイ)」と呼んで、行政各省庁に自衛隊、民間が一同に集まり、パソコンやモニターを並べ、各省庁が「縦割り」の中で主導権争いをしたり、在日米軍にいいように利用されたり……

まさに「シン・ゴジラ」のそれですよね?

ま、確かに、ある意味、見た目は滑稽ですが「妙にリアリティーがある」現場感覚だったりはするんですが……。実際に、いきなり怪獣とかが現れたら、警察から自衛隊、各省庁、民間の専門家やらが、がん首揃えて、会議したり、対策本部を開いたりするわけですよ、たぶん。事件が発生したので、「会議室」に大量の電話機やコピー機、パソコンを運び込む……というシーンは、さすがに「シン・ゴジラ」と丸被りになるのでありませんでしたが、まあ、とにかく、「シン・ゴジラ」と似たようなシーン、似たような展開、似たようなやり取りが多かったですね

「シン・ゴジラ」だけじゃありませんw

まず、後半の敵役・メフィラスは山本耕史ですが……これが、アタクシにはどうも、あの「天下の駄作」(←当社比)である三谷幸喜作品の「ギャラクシー街道」で山本耕史本人が演じた詐欺師ポン引きの「ゼット」そのものですし

禍特対の浅見弘子(長澤まさみ)が宇宙人に乗っ取られ巨大化するだのなんだのというのも、これまた、長澤まさみが松田龍平と共演した「散歩する侵略者」で、長澤本人が演じた加瀬鳴海みたいだったし

ナンか、どっかで見たことあるな~~の連続でしたね。もちろん、現代ではそれを「原作へのリスペクト」とか「オマージュ」とか言うようですが……作品としては新鮮味に欠け、まあ、はっきり言って「興冷め」ですわなぁ

「シン・ゴジラ」のキャストがよかったわけではありませんが(長谷川博己は毎度の、勘違いしたような一本調子だし……)、本作品は、全体的なキャスティングも????って感じでしたね~

禍特対の班長・田村君男を演じる西島秀俊が、特に、まあ……この手の作品にあまりフィットしていない、とでも申しましょうか……う~~~~む

ま、カラータイマーなんて野暮なものはなくて、銀ピカで、いろいろ色の変わるウルトラマンには、それなりのノスタルジーは感じて、また、精巧にはなったものの「着ぐるみ感満点」の禍威獣たちとかにも、往年の円谷プロ的な世界観は感じたのですが、如何せん……

「シン・ゴジラ」同様に、大入りらしく、「大入りプレゼント」も配られ出したようですが、まあ、今回は「もういいかな~」「もう一回、映画館に足を運ぶ価値はないかな~」ってのが、アタクシにとっての正直な感想、ってトコロですね

次の「シン・仮面ライダー」に期待することにしますわ


こないなのに↓参加してます
ポチっとしていただけると喜びます

コメント

このブログの人気の投稿

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

映画「武士の一分」

映画「新聞記者」