注目の投稿

アニメ「ゴブリンスレイヤー」が面白いっ!


「想像力は武器だ、ソレが無いヤツから死ぬ」

「ヤツらはバカだが間抜けではない……」

異世界冒険者もののアニメです。原作は毎度のラノベのようです。なかなかに面白いですよ、これ。ホント、いろいろと感心しました

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga. Please translate this articles by using "Translate" that puts on the left or right side of this blog page. 
ENJOY!
Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

まあ、その感心した、ってのが、冒頭に出した「名言」なんですけどね。この「想像力は武器だ、ソレがないヤツから死ぬ」は、文脈的にはなるほどこの物語の中での話には違いないですが、すべてに通じる奥義のようでもあり、実に「深いっ」と思いましたね

簡単にストーリーを紹介しますと……

ゴブリンというモンスターがいます。下級(レベルの低い)モンスターで、「小鬼」とかも呼ばれています。1匹、2匹なら、普通の村人でも、ちょっと武器が使えたり力があったりすれば倒せる、比較的弱いモンスターなんですが、群れを成しており、その「数」で結果的に圧倒されてしまうことがまま発生する、結構、厄介な連中です

しかも、上の名言にもありますように、「バカ」なモンスターではありますが、非常に狡猾で残忍です。「油断すれば村一つが壊滅させられる」というような連中です

さらに、知恵や統率力、高い戦闘力を持った特異種・ロードとかキングとかチャンピオンとか言われる連中もいて、こうなると、下手な軍隊でも負けてしまう……というような状況になります。街が滅ぼされてしまう……大騒ぎです

本編の主人公は、このゴブリンを専門に狩る「ゴブリンスレイヤー」で、名前は特に出てきません。ゴブリン単体はそういうわけで「弱い」もんだから、狩っても報酬も安く、大した名誉にもならないので、駆け出しの冒険者ぐらいしかその討伐を引き受けないのですが、この主人公は、ひたすらゴブリンだけを狩り続けます

物語の中では、まさに「駆け出しの冒険者」や「経験の浅い冒険者」、「どうせ、たかがゴブリンだろ?」と高をくくった冒険者たちが、ゴブリンたちの狡猾なワナに陥り、その圧倒的な数におされ、次々と敗死していきます。女性の場合は、陵辱の限りを尽くされた上に、繁殖のための「苗床」にされてしまいます

しかしながら、「ゴブリンスレイヤー」は、用意周到に準備し、どんなゴブリンの群れかを調べ上げて、貴重な魔法アイテムも惜しみなく使い、とにかくゴブリンを抹殺していきます。なりふりとかは一切気にせず、すべてにおいて「対ゴブリン戦での勝利」だけが優先されるため、社会常識的なカラーには染まらず、変なプライドとか、乏しい知識からの偏見とかもなく、徹底して、執拗に、とにかくゴブリンだけを抹殺していきます

最初は単独でしたが、物語の冒頭で全滅しかけた新米冒険者パーティーの女神官を救ったことからパーティーを組み、後ほどは、他の冒険者たちともパーティーを組むようになります……が、相変わらず討伐するのはゴブリンだけです

この話が面白いな~と思ったのは、まさに、人1人が何事か成さんとおもったら、それはもうなりふり構わず、一直線に目標に突き進むことこそが大事である、というような、明快な方向性が示されていることでしょうかね。教育的、とでも言いましょうか

何か目標を設定し、そこに向かって突き進む時に、「一体、何が一番大事か?」ということですよ。このゴブリンスレイヤーは、その辺りが全くブレません。仮に想定外の窮地に陥ったとしても……って、そんな状況にならないように「想像力」という武器を使いまくっているわけですが……最終目標のために、しなければならない事柄の優先順位を決して間違えません。しかも、すごいのは、常に「自分が敗れる可能性」をもきちんと精査していることですね~。相手(ゴブリン)を舐めたり、侮ったり、逆に過大評価したりしないのと同様に、自分自身の出来ることや力量についても冷徹に評価しています

何のためコレをしているのか?

ともすれば迷ったりするもんです。とりわけ、「なかなか結果が出ない」とか「思うような結果にならない」とか。人間の忍耐力は無限ではないので、誰しも、飽きたり、疲れたりはするもんです。気分が落ち込む時だってあるでしょう。例えば、就活であまりに連戦連敗が続いている時とか、回っても回っても仕事が取れない時とか……。異性にまったくモテない……なんてのも、世代によっては大事なコト、由々しき大問題ですよね

そんな時でも、ゴブリンスレイヤーは、最終目的への道を着実に進んでいきます。最終目的のために、いま、何をすべきか?何をどうすべきか? まあ、彼にとっての最終目的は、依頼を受けて対峙する、眼前のゴブリンの群れを完全抹殺することですけどね(笑)

寡黙にして目標を失わず、手段と対抗策には想像力をフルに生かし行動する……まさに、「生きる」という行為すべてに通じる示唆ではないでしょうか?

と、まあ、熱く語ってしまいましたが……なかなかに面白い作品でしたよ、ホント

#ゴブリンスレイヤー
#ゴブリン
#ゴブリン狩り
#冒険者
#異世界もの
#ラノベ
#ライトノベル
#アニメ
#想像力は武器だ
#ヤツらはバカだが間抜けではない
#女神官
#小鬼
#パーティー
#冒険者ギルド
#辺境
#銀等級冒険者
#ソロ冒険者
#用意周到
#準備万端

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

映画「武士の一分」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!