注目の投稿

徒然なるまんまみ~あ……勝手に「人生相談」!

徒然なるまんまみーあでその日暮らし、ふぐりに向いてココロにうつりゆくロクでもないことを、底浅く書き綴れば、あやしうヤツこそ、もの欲しグルメ。いにしへ人に曰く、事実は東スポよりも奇なり。人生は糾えるチョコレートボックスの如し、と……
駒留神社
……などと標榜してますので、「人生相談」なんぞを、勝手に受注してみることにしました。もし、この「勝手に『人生相談』」を読んで、マジでガチで相談したくなった奇特な方は、連絡ください(笑)

This blog has written in Japanese almost all topics. I think this blog is also fun for non-Japanese speaker, especially if you like Japanese Manga. Please translate this articles by using "Translate" that puts on the left or right side of this blog page.
ENJOY!
Thank you for your coming. 

Spoiler Alert!

そうそう。「勝手に受注」とは?
現時点でどなたからの相談も入ってないので、とりあえず新聞に掲載されている「人生相談」のお悩みについて、アタクシなりの回答をしてみんとてするなり、ってヤツです。はい
「カネにもならないのに、相も変わらず、バカなことばかりやってんなぁ……」って?はははは、人はパンのみに生くるに非ず、ですよ。それでは、第1回目スタートです(笑……って続くのか?)

【相談内容】=4月22日の読売新聞「人生案内」から抜粋
相談者は60代の男性公務員。職場で「3.11」に黙禱の呼びかけがあったところ、仕事で世話にもなっているベテランの女性職員が「思い出したくないから」と、当日その時間になったら黙禱せずに部屋を出て行ってしまった。そのことに相談者は「亡くなられた人や遺族に失礼だ」と憤慨。デリカシーがない。こんな人とどうやって付き合えばいい……とのこと
【勝手に回答・A案】
なるほど。確かに、何事にもデリカシーのない人、いますよね。しかしながら、そうとは思いますが、あまり気負いすぎ・考えすぎないほうがいいと思いますよ。

「東日本大震災」に限らず「熊本地震」や「阪神大震災」などの震災、台風などの自然災害、あるいは、事件事故などなど、こと「被害者」や「遺族」が発生した事象について、それをどう思い、どう感じるか。あるいは、それに対し、どのように感情表現するか?は、まったくもって、その本人次第だからです

さらにそれは、相手と自分との感受性の違いでもあるわけですから、他人がどんな反応を示そうが、それにいちいち目くじらをたてるのも、仮にあなたにとっては、無礼や失礼な行為に見えるかもしれませんが、それらにいちいち反応するのはエネルギーの無駄遣いだと思いますよ

その女性職員は「思い出したくない」と言ってるわけですよね。誰にだって「思い出したくない」ことは一つやふたつ、あるいは、いっぱいあります。アタクシとて「思い出したくない過去」ってのはいっぱいありますよ。それは、悔しさであったり、恥ずかしさであったり、ばつの悪さであったりしますが、まあ、いろいろです。
本人にとって「思い出したくない」というものを、あなたの価値基準とはことなる反応だからといって、わざわざ思い出させるように強いるのも、それはそれでどうかとは思いませんか?

逆の立場で考えてみればどうでしょう?

「思い出したくない」苦い記憶を、誰かに、思い起こさせるように強いられるのって、気分よくないですよね?

「痛み」あるいは「苦しみ」は、常に孤独です

物理的なものであろうと、精神的なものであろうと、それは同じです。あなたが感じる「痛み」や「苦しみ」と、その女性職員が感じる「痛み」や「苦しみ」には、何の共通性もなければ、それを数量的に表すことも出来ません。つまり、アタクシたちは、他人の「痛み」や「苦しみ」について、「共感すること」や「寄り添うこと」は出来ても、その度合いを心底理解することは不可能なんです

なぜならば、ワタシはアナタじゃないし、アナタはワタシじゃない。「ワタシは大○隆○であって大○隆○ではない」なんてのはカルトの世界だけです
その女性職員には、その女性職員なりの「追悼」なりの思いがあると思います。それが彼女のスタイルであるならば、「デリカシーがない」などと言わないで、見守るなり、あえて関心を持たないようにするなりすればいいんじゃないでしょうか?

東日本大震災という未曽有の災害を「記憶しておく」ことや、その記憶を「後世に伝えていく」ことは大事ではありますが、大事なのは、記憶や記録がきちんと引き継がれることそのものであって、その形や方法は、公文書じゃないんですから、一つのカタチ以外は認めないというのも、余りに狭量というもんです

ここはひとつ、「人は人 自分は自分 みつを」とでも、ココロに大書して、スルーしておきましょうよ。彼女が3.11の黙禱時に離席したからって、アナタが金属バットで殴られるわけじゃないんですから  (終)

【勝手に回答・B案】
相談者さんは60代男性ですか……。別にいいじゃないですか、3.11の黙当時にその同僚女性が離席していようがいまいが。そんなことが気に障る、ということは、あなた自身が、東日本大震災の犠牲者や被災者に対して哀悼のココロが足りない、集中して祈ってない、ということの現れですよ

アタクシには、実は、あなた自身がココロに抱えている、被害者や被災者への哀悼を示すという行為に対する欺瞞が、彼女の姿を通して表出しているのではないか、とすら思えます。もしあなたが、「自分はこんなにも被害者・被災者を思っているに、彼女はそんなそぶりもみせず怪しからん」というのなら、あなたは、哀悼のココロがわかってない唐変木です。すっとこどっこい野郎です。神戸まで行って、小小陽にひっぱたかれて来ましょう
どうにもこうにも、この60代男性というのは、完全に「昭和の産物」ですよね。「視野とココロは極めて狭く、アタマとカラダはひらすら固い」。隣を横目で睨みながら、決して突出することなく、少なくとも列にはまったく遅れることなく、そのくせ、隙あらば裏をかいてても、相手を出し抜きたい……そんなセコさの鎌足……もとい、塊。現代においては「絶滅危惧種」ではなく、「絶滅推奨種」。そんなアナタが尊敬してやまないであろう高倉健さんは、間違っても、そんな、格好の悪いことは言いませんでしたぜ

60代の公務員ということは、ひたすら周囲の顔色を伺いながら、全力を出すこともなく、ただただ、平穏に日々を重ねるだけの生活をしてきたのでしょうね。あたかも自分の世界だけがすべてで、それを乱すものこそが「悪」であると

そんな憤りだけを重ねてきたんでしょう
では伺いますが、この件、本人(同僚の女性職員)と、きちんと話し合ったことはあるんでしょうか。「あなたの○○というとこがデリカシーがなく、一緒に働いていてツラい」と言ったことはあるんでしょうか?新聞なんぞにもっともらしく投書するよりも、そちらの方が余程生産的で、問題の本質的解決になると思いますよ

それからもう一点だけ、耳障りでしょうが。

果たして、その相手が男性職員だったら、あなたは新聞に投書するほど憤りというか、無駄な行動を起こしたでしょうか?男性、しかも、自分よりも上司だったりしたら、まったくの沈黙だったのではないでしょうか?相手が女性だからこそ、その身の処し方がいちいち気になるのではないですか?

「他人は自分を写す鏡」などとも言います。彼女の振るまいにデリカシーがないと感じるのは、実は、あなた自身の問題かもしれませんよ。今度何か、その同僚さんのしたことで癪に障ることがありましたら、まずは大きく深呼吸をして、ココロを穏やかにした上で、問題とコトの本質を考えてみてください

そうすれば、その答えは、意外なところから見つかるかもしれませんよ (終)

◆今回の写真は、世田谷区~渋谷区の
龍雲寺通り~野沢通りを散歩したときのものです

1~2枚目=駒留神社の境内。焼却炉がどことなくジブリっぽくね?
3枚目=Not between
5枚目=ちゃらら~~ん、路上に……動物でも撥ねられたかと思ったら……
6枚目=犬が自分で自分を洗うのか??


↓こんなんに参加してます。ポチしていただけると励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

#いきなり人生相談
#勝手に人生相談
#人生相談
#迷える子羊たちよ
#ジブリっぽくね?
#散歩
#世田谷散歩
#ツツジが満開でした
#人生に迷ったら
#相談してね
#大した役には立たないかもしれない
#萬事相談受け付けます
#龍雲寺
#野沢通り
#自衛隊病院がある
#スケッチ
#写真散歩

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

映画「武士の一分」

マンガ「鬼滅の刃」がスゴイ!