注目の投稿

映画「フィールド・オブ・ドリームス」/FIELD OF DREAMS

フィールド・オブ・ドリームス ☆☆☆☆/☆☆☆☆☆

1989年のアメリカ映画です。主演はケビン・コスナーで、このころが一番脂ののってた時期でしょうか?

アイオワに住む貧乏トウモロコシ農家のレイ・キャンセラ(ケビン・コスナー)は、畑の中で突然、「If you buiid it, he will come.(それを造れば、彼は来る)」という声を聞きます。周囲の人々があざ笑うのをよそに、何かに取り憑かれたように生活の糧であるトウモロコシ畑を切り開き、小さな野球場を造り上げる。

その後しばらく何も起きなかったが、ある日の晩、娘が夕闇に動く人影を球場に見つける。そこにいたのは1919年のブラックソックス事件で球界を永久追放され、失意のうちに生涯を終えた"シューレス"・ジョー・ジャクソンだった……

まさに、Dreamです。どう考えても有り得ませんが、レイの家族(妻アニー・娘カリン)は、ジョーの存在を、それこそ当たり前のように受け入れます。あるんですね、アメリカにも「霊」のような話が……

ほいでもって、この「ジョー」。ココロの曇った人には「見えない」ってな話です。アニーの兄……名前なんだっけ?には見えませんから、義弟家族全員がイカれちまった、と思います。そりゃ、トウモロコシ農家が、その畑をぶっつぶして野球場を作っちまったわけですから。トウモロコシ畑も家も借金の抵当で取られそうになります……

この作品に貫かれているのは「野球」(もちろん、アメリカの話なんでBaseballですが)への、深い愛情でしょう。Baseballというゲームが、どれだけアメリカ人のココロにとって大切なもので、その1試合1試合、選手の一挙手一投足に一喜一憂し、まった無関係にもかかわらず、自分の人生を重ね合わせ、内に外にドラマを作り出して行く……。まあ、アメリカに限った話ではないんですが

確かに、野球はドラマになりやすいですね

そもそもゲームとして攻守(攻撃と守備)がはっきり別れているので、「主役」が立てやすい。大体は守備の要でもあるピッチャー、攻撃の柱であるバッターが軸になるでしょう。こと、ゲームに絡む話では、あまりライトとかレフトの選手が主人公になることはないですね。なにしろ、試合によっては、フライの一つも飛んでこないかもしれないわけですし、後方からじっと、フィールド内のドラマを見てるだけでは、「語り」にはなれても主人公にはなれないでしょうね

昔あった野球マンガのテレビアニメ版では、1球を投げ終わるのに2週間とかかかってました。それだけに、「この1球」「この一打」に、そこにまで至るところの背景やら人間関係やら、それこそいろんなものを盛り込むことが出来る

それが野球(Baseball)というゲームなんです

これがサッカーだったら、そんなことをしている間にボールを奪われてしまいますね(笑)2週間もあったら、3試合ぐらい終わってます。マンガやアニメだとしても、まあ、試合の半分は終わってるでしょうね~

いずれ、野球に象徴されてる攻守(ある意味、役割、と言ってもいいかもしれません)がはっきりしてる――これは、ドラマ作りでは大事なことでしょう

そういうわけで、野球を題材にしたドラマは野球(Baseball)が日常的にある国にとっては、いくらでもある、ってわけです。日本は特に多いんじゃないかな。特にマンガの分野で。もう、「野球マンガ」という一つのジャンルですね

しかしながら、どちらかというと、プロ的な野球マンガ……「あぶさん」とか「ぶんぶん」とか「REGGIE」ですかね。古いなぁ~~(笑)……よりは、青春モノの野球マンガ……「タッチ」とか「rookies」とか、こっちもかなり古いけど……の方が数としては多いんじゃないですかね

まあ、そういうわけで、実際のBaseballにも、ファンは自らの人生をいろいろと重ねて記憶していくわけですよ。アタクシが善行を積んだからといって、贔屓のチームが優勝するわけではないですが、とかく、そないな具合に、勝手に、自らに起きる出来事と、現実のBaseballをリンクさせてしまう……まあ、野球に限らず、人々がスポーツに熱狂するのは、単に勝ち負けだけではなく、そこいらの後ろ側のストーリーと自分を一緒にしてしまう不思議さがある、ってことなんでしょうね

スポーツで感動する

まあ、それは事実ですが、それを支持率向上に使ったりしようとするのは、下の下の下ですね。スポーツを見て感動することはありますけど、別段、感動したくてスポーツを見ているワケじゃない。よく、「見ている人に感動を与えたい」……などとのたまわるアスリートが居ますが、ナンともまあ、恩着せがましい台詞でしょ?ドンだけエラいんだ、キミは?といつもツッコミたくなりますね

それはさておき、野球、しかもMLBといえば……

今年は、エンゼルスの大谷翔平選手が大活躍してますね~~。岩手県出身ですよ、彼!すごいですね~。是非是非、ホームラン王と、投手でも好成績を残して、歴史に残る「オオタニイヤー」になるといいですなぁ

まあ、大谷選手については、また別の機会に……

それは、サイナラ、サイナラ、サイナラ……

こないなのに↓参加しました
ポチっとしていただけると喜びます

#FieldOfDreams #KevinCostner #baseball #IfYouBuiidItHeWillCome #野球 #野球はドラマだ #メークドラマ #タッチ #高校野球 #野球マンガ #東京オリンピックは即刻中止せよ #東京オリンピックに反対します #家が火事なのに祭りがしたいのか #COVID19 #税金の無駄遣い #IOCは解散せよ #大谷翔平 #ShowheiOhtani #Angels #エンゼルス 

コメント

このブログの人気の投稿

映画「新聞記者」

無関心ではいられるが、無関係ではいられないコト

映画「武士の一分」